htcjonetop

スペック

概要
ペットネーム HTC J One コードネーム M7#WLJ
ボードネーム M7_WLJ 略称コードネーム M7J
シリーズ名 PN07 Series メーカー型番 PN07400
キャリア型番 HTL22 モデル型番 HTL22
プラットフォーム HBOOT-8064
発売日 2013/6/1 本体価格
基本仕様
OS Android 初期出荷OSバージョン Android 4.1.2
初期Senseバージョン Sense 5.0
SoC Qualcomm Snapdragon 600 APQ8064T + MDM9615M 動作周波数・コア数 1.7Ghz / クアッドコア
GPU Adreno 320
RAM 2GB ROM 16GB ※1
カメラ 400万画素Ultrapixels 多層 (裏面照射型CMOS) インカメラ 210万画素
MicroSDスロット あり SIMスロット形状 MicroSIM
バッテリー容量 2300mAh バッテリー取り外し 不可
ネットワーク
ネットワーク:3.9G LTE (800 band18 /1500 band11 / 2100 band1) データ通信:3.9G au 4G LTE
ネットワーク:3G CDMA2000(800/2100) / WCDMA ※2 (850/1900/2100) データ通信:3G EV-DO MC Rev.A (WHS) / HSPA+
ネットワーク:2G GSM (850/900/1800/1900) ※2 データ通信:2G GPRS/EDGE
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n Bluetooth 4.0 Apt-X BtDUN(カーナビのみ)
サイズ
縦 x 幅 x 厚さ 重量
ディスプレイ
サイズ 4.7インチ 解像度 1920 x 1080 (FullHD)
種類 SuperLCD3 液晶 (468ppi) パネルID
  • SHARP/RENESAS FULL HD panel
その他機能
RFID NFC + Felica BeatsAudio ○ (外部スピーカー対応)
スピーカー ステレオ搭載 防水 ×
IRポート / 赤外線 ○ (Sense TVアプリ非搭載) ワンセグ ○ (アンテナ非搭載)
カラーラインナップ
カラー ブラックメタル/ホワイトメタル/レッドメタル
  • ※1 Dropbox 25GBストレージ二年間付属
  • ※2 グローバルローミングのみ
アップデート
バージョン:3.13.970.3 内容:Android 4.4.2 with Sense 5.5 [詳細] [OTAファイル]
バージョン:2.21.970.2 内容:Android 4.2.2 with New Sense 5.0 [詳細] [OTAファイル]
バージョン:2.15.970.1 内容:Android 4.2.2 with New Sense 5.0 [詳細] [OTAファイル]
バージョン:1.07.970.4 内容:Android 4.1.2 with Sense 5.0 不具合修正 [詳細] [OTAファイル]
バージョン:1.05.970.2 内容:Android 4.1.2 with Sense 5.0 出荷バージョン
この機種の記事

kizicode

htl21

このモデルの詳細

m7wljwhite

ホワイトメタル

m7wljblack

ブラックメタル

m7wljred

レッドメタル

2013年6月1日に販売開始、その後2013年8月24日にて追加色に”レッドメタル”を追加

海外で販売された「HTC One (M7)」を日本国内市場へ投入するためのカスタマイズモデルであり、おサイフケータイ・ワンセグ・赤外線・SDカードスロットが搭載され、販売通信事業者auからの指示により唯一2100MHz Band1に対応したHTC One (M7)ファミリーの1台であった。

国際版とは筐体の作りが違っており、その為に国際版との素材の違いや作りの妥協点等が見受けられたが当時国際版では去勢されていたSDカードスロットが有った為に意外と支持層が多い。

発売日時点での定価は”65100円”となっていたが、”50400円”、”40320円”、”30240円”と次々値を下げ、市場価格を見ると他社からauへの乗り換え(MNP)を行うと本体代金ゼロ円に加えて単品50000円以上のキャッシュバックを行う販売店も多く見かけられた。

グローバルモデルに近い物とされたものの、ソフトウェア上では日本キャリア特有で更新遅れに繋がるソフトウェアテストが長引き、HTC One (M7)シリーズで世界最後に”Android 4.4.2 with Sense 5.5”アップデートが行われた

ハードウェアではHTC One (M7)の中国大陸版と同様SIMスロット・SDカードスロットを格納する裏蓋開閉式な構造となっていたがこの構造を実現するために国際版とは違う樹脂素材を背面に利用し、この素材変更の為強度が国際版と比べて強度が下がってしまい、ボタン付近の割れや裏蓋の接合部付近が割れる現象が相次いだ。

また、HTC J One向けへ出荷を行った液晶パネルがほぼシャープ製となっており、国際版に多く出荷されていたJapan Display液晶との差が目視が出来る程違った物となっていた。(日光下で白飛びを起こしたり、比較すると若干白っぽい)

更にはグローバルモデルでも起こっていた”Purple Unit(紫カメラ)”現象がHTC J Oneで利用していたカメラモジュールでも同様に起こってしまい、夜間撮影にて力を発揮するとされている”UltraPixel”にネガティブな印象を広めてしまった。

 

← 2013年度のHTC製品や動向について へ戻る