m8savethe

いよいよ発表間近!2014年フラッグシップ機、「HTC One (2014)」コードネーム「M8」の概要・情報などのまとめ

m8releasedate

2014年フラッグシップ機である「HTC One (2014)」、コードネーム「M8」、0P6B Seriesの概要が全て判明しましたので、機種個別ページの新規作成と共に改めて記載したいと思います此方の記事ではHTC One (2014)の概要の詳細点のみ記載し、もう一つの記事にてHTCが2014年フラッグシップ機へ搭載していく機能やSenseについて追加投稿したいと思います。

一部メディアで「「HTC One 2」で確定」などと言った誤報が出回りましたが、ペットネームはHTC One (2014)、コードネーム「M8」はHTC One (2013)、コードネーム「M7」からブラッシュアップし、一新したと言う意味を込めて「The All New(全く新しい)」と言ったキャッチフレーズが付加され販売されるようですが、基本的には「HTC One」と言ったペットネームとなるようです。(地域によっては「The New HTC One 」「HTC One (M8)」など)

販売地域については基本的には前モデルの販売地域と変わらないようですが、分かっている物だとAT&T、Sprint、Verizon、T-Mobileアメリカ、香港、台湾、カナダ(北米)、中国移动(ChinaMobile)、中国联通(ChinaUnicom)、中国电信(ChinaTelecom)、日本(KDDI以外)、欧州、等々となっており、前述のモデルに加え、Google Play Editionも販売されるようです。

また、TD-LTEに対応したモデルも多数存在し、中国や欧州向けに販売を行っていたHTC One dual SIMについてもHTC One (2014)モデルは販売され、その中にはLTE対応の物も追加されています。

スペック(大多数地域で販売が行われるモデル)

概要
ペットネーム HTC One コードネーム M8_UL
ボードネーム M8_UL 略称コードネーム M8_UL
シリーズ名 0P6B Series メーカー型番 0P6B100
キャリア型番 モデル型番
プラットフォーム hTCBmsm8974
発売日 本体価格
基本仕様
OS Android 初期出荷OSバージョン Android 4.4.2
初期Senseバージョン Sense 6.0
SoC Qualcomm Snapdragon 801 MSM8974AC 動作周波数・コア数 2.3 Ghz / クアッドコア
GPU Adreno 330
RAM 2GB (DDR2) ROM 16GB/32GB/64GB
カメラ
  • 500万画素 画素サイズ2.0μm、F2.0/28mmレンズ
  • HTC ImageChip 2 with HDR Video (裏面照射型CMOS)
  • デュアル型(Duo Camera)
インカメラ 500万画素
MicroSDスロット あり SIMスロット形状 nanoSIM
バッテリー容量 2600mAh バッテリー取り外し 不可
ネットワーク
ネットワーク:3.9G LTE データ通信:3.9G LTE
ネットワーク:3G WCDMA データ通信:3G HSDPA
ネットワーク:2G GSM データ通信:2G GPRS/EDGE
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac Bluetooth v4.0
サイズ
縦 x 幅 x 厚さ  146.36 x 70.6 x 9.35 (mm) 重量 160g
ディスプレイ
サイズ 5.0インチ 解像度
  • 1920 x 1080 (FullHD)
  • オンスクリーンキー
種類 SuperLCD3 液晶 パネルID(液晶製造元)
  • LG
  • SHARP
その他機能
赤外線 ○ (HTC TV) 防水 あり・・・?(確信なし)
BeatsAudio なし (BoomSound) ステレオスピーカー
RFID NFC
カラーラインナップ
カラー シルバー / メタリック / ゴールド / グレー

リークしたプレス画像

m8gold m8gray       m8silver

キャリア向けプレス、実機画像

m8telus

Telus向け

Source : http://mobilesyrup.com/2014/03/08/official-press-image-the-all-new-htc-one-heading-to-telus/

m8cmcc

ChinaMobile向け

Source:cnBeta

m8att

AT&T向け

m8vzw

Verizon Wireless向け

Source : evleaks

化粧箱(VZW向けだが、グローバルも変わらないと考えられる)

m8vzw1

発表前に行われた実機動画レビュー(AT&T向け / t-mobile / Verizon向け)



その他伝えられている情報について

グローバル向け

  • 2014/3/25にHTC発表会が開催、ほぼ確実にHTC One (2014)の発表

国内向け

  • KDDI版HTC M8の販売は無く、国内他キャリアで販売?

判明しているHTC M8の種類(全てが販売されるとは限らない)

  • UL = GSM/WCDMA/LTE
  • U = GSM/WCDMA
  • UL_CA = GSM/WCDMA/LTE/CA = ?
  • UL_TW = GSM/WCDMA/LTE/TW = Taiwan
  • UL_CND = GSM/WCDMA/LTE/CND = Canada?
  • DUG = GSM + GSM/WCDMA デュアルスタンバイSIMスロット
  • DUGL = GSM + GSM/WCDMA/LTE デュアルスタンバイSIMスロット
  • DWG = GSM + GSM/CDMA2000/WCDMA/LTE デュアルスタンバイSIMスロット
  • WHL = GSM/CDMA2000/WCDMA/LTE (Sprint Nextel向けが濃厚)
  • ULJ = GSM/WCDMA/LTE J=Felica/赤外線/TVハードウェア搭載 (日本向け)
  • WLV = GSM/WCDMA/LTE (Verizon Wirelss向けが濃厚)
  • WLJ = GSM/WCDMA/CDMA2000/LTE J = Felica/赤外線/TVハードウェア搭載 (日本向け、KDDI)

MWC2014にてHTC One (2014)に搭載される物に近いと考えられる、デュアルカメラモジュールが展示中

純正スクリーンプロテクターのパッケージ画像が流出   m8screenprotect HTC One (2014)向けの純正フリップケースの画像が流出

m8case1

ケースの概要


AnTuTuスコアが計測済み

  • 36000ほど?

m8antutu

Source : http://sinacn.weibodangan.com/user/1094293345/?status=3684749220364844

発表間近でここまでリークが多いと言う事は、恐らく販売と発表はほぼ同時に近いと考えられますね。

防水・・・?

m8waterproof

HTC One (2014) の発表前の見解

m7bluetophtcsoku

  ここまでの情報を見ると、やはりフラッグシップ機として打ち出す為に幅広い地域にて販売する準備を行っており、新しく個人的に気になる物としては、久しぶりのKDDI向け以外の日本版であるM8_ULJ、DualSIM対応にて更にLTEも対応しているM8_DUGLの2機種でしょうか。

気になる機能については、一部のユーザーからは「3D機能をまたメインで打ち出すのでは?」と言った声もあるデュアルカメラですが、全くそのような事は無く前述したデュアルカメラモジュールを利用し、より高画質な画像を手軽に撮影する事を可能にすると言う当時のUltraPixel発表時のような他社は行っていない試みを行うのではないかと考えており、とても期待しています。

カラーについても初期販売時点で、「シルバー」「ブラック」に加え、「ゴールド」も追加されているようで、より選択肢が広がるように感じています。

t6simon   心配点としては、いつも私が残念に思っている作りこみやその他部品供給などの甘さの度合いでしょうか。

2013年に販売されたHTC One(M7)は幅広い地域にて販売こそされましたが、スタートダッシュ時に供給不足やマイク部品の訴訟案件、更には初期出荷から中期出荷品までは売りとして打ち出していたカメラ(UltraPixel)の不具合とも言える問題が多発し、裏蓋開閉が行える日本国内専用モデル「HTC J One」や海外で販売されている「HTC One dual」については筐体の立て付けの悪さがとても目立ち、2012年度や2011年度よりも酷い結果になったと私は思います。

HTCは2013年、メイン機として打ち出す物としてはとても発表端末の種類を絞ってきましたが、モデルによっては発表・発売が遅れに遅れ、ズルズル来てるような雰囲気がありましたが今年はどうなるんでしょうかね。

samsung-galaxy-s5-04

  現在開催されているMWC2014にて、Galaxy S5、Xperia Z2などの様々なスマートフォンがお披露目されていますが、Galaxy S5購入ユーザーへHTC公式アカウントは以下のように呟いています。

「S5(Galaxy S5)購入ユーザーは後悔する事になる」

以前も似た様な事が有った様な気がしますが、今回はこの発言についてサムスン側は反応する気は一切無いようですね。

私自身「Galaxy S5」について、いつものGalaxySシリーズとは違い控えめな雰囲気になったなと言う印象を受け、Galaxyを好んでいるユーザー層を少し手放す事態になるんだろうなと思いました。

TouchWizも一新し、色々な新機能を盛り込んでいるようで、そう言ったUI上の改変はとても好みな私としては大歓迎なのですがAOSP準拠のUIを好む人にとってはより選択肢から離れて行くように感じましたね。

Galaxy S5の防水についてはサムスンが現状投入している「Galaxy S4 Active」の評判を聞いているとあまり芳しく無いように感じますので、今後足を引っ張るような事にならなければ良いですね・・・。と言ったところでしょうか。

「Xperia Z2」についてはまさにXperia Z、Xperia Z1の上位互換を出しましたと言った感じで、Xperia Z1を売却してしまった私としては改めて欲しいなと思わせる程のデバイスでした(笑)   スマートバンドについても、ライフログ計測に何か良い物は無いかと検討していた最中でしたので、ほぼ購入決定と言った感じですかね。

サムスンのハイスペック至高からの方針転換によりアーリーアダプター層はHTCに若干目を向けるようになったかと感じますし、嬉しい事では有りますね。

仮称、HTC J One (2014)についての見解

SONY DSC

国内向けに販売するコードネーム「M8」について、存在する物としては2種類有りますが、evleaksJPのリーク情報によりKDDI向けとされる「M8_WLJ」については開発が完全にキャンセルになっているとの情報でした。

当方でもKDDI側が、HTCに入れた要望として「Oneシリーズはもう投入しない」と伝えたと言う情報も耳にしており、現在大量に在庫処分と言っても良い販売のされ方をされているKDDI向けのHTC J OneがKDDIのグローバル向けベース機となる最後の機種となる事が濃厚のようですね。

となると、もう一種類用意されている「M8_ULJ」が何処のキャリアに投入されるかがとても気になりますね。
先ずHTCの「J」ブランドをKDDI向け以外にも利用するのかと言う点と、再度グローバルベース機を日本国内に投入した所で、HTC J One(M7)のような投げ売り状態とまたなってしまうのではないかと言う点が心配です。

機能面についてはHTC One (2014)の機能面に更に日本独自機能が搭載され恐らく今モデルよりモバイルTVがワンセグのみではなくフルセグも対応する事が濃厚となっており、より国内向けの利便性が高まると期待しています。
投入キャリアについては、私の考察として此方の以前の記事に記載した通りで現在も変わっておらず、ソフトバンク向けとなるのでないかと考察しており、イーモバイル向け(Softbank網を利用する4G-S契約では無い)となる可能性も勿論否めませんが、やはりドコモ向けとなる確立は一番低いと感じます。

下手をすると国内M8は無い可能性も否めませんが、情報を注視して行きたいですね。