onex+press2

One X+を正式発表!クアッドコア1.7Ghzプロセッサ、JellyBean、Sense4+、64GBストレージ搭載

HTCは10月2日One Xのブラッシュアップモデルとなる、One X+を正式発表しました。

One X+は以前からコードネームが「EndeavorC2」、メーカー型番が「PM35xxx」、モデル型番はS728eで知られていた機種です。

スペック


  • 通信方式:WCDMA / GSM
  • SoC:Tegra3+ AP37 クアッドコア 、シングルコア駆動時 1.7Ghz クアッドコア駆動時1.6Ghz
  • GPU:AP37
  • ディスプレイ:4.7inch HD(1280 x 720) SuperLCD2
  • RAM:1GB
  • ROM:64GB + Dropbox 25GB二年間
  • カメラ:800万画素 f/2.0 HTCImageChip搭載
  • インカメラ:160万画素 f/2.2
  • 重さ:135g
  • バッテリー:2100mAh
  • 初期OS:Android 4.1.1
  • Sense4+、BeatsAudio、NFC対応

価格は649ユーロ、日本円で65400円ほどです。

公式アカウントでの発表はあったのですが、公式ページが見つからないため、わからない部分は順次追記します。

本体のカラーはブラックのみしか見受けられず、タッチキーは赤くなり、以前発売していた「SensationXE」のような配色となっています。

 バッテリー容量も、以前のOneXに搭載されていた1800mAhから2100mAhに変更され、インカメラも130万画素から160万画素に変更が加えられています。

Adobe Flash PlayerはJellybean非対応とされていましたが、この機種にはJellybeanを搭載しているのにもかかわらず、FlashPlayerをプリインしているようです。

Jellybeanより、Sense 4.5となることが予想されていましたが恐らく同等の「Sense 4+」となるようで、どこまで動作が良くなっているのか見ものですね!

 hands-on動画 – htcinside.deより

 2012/10/2/17:44修正追記

Source : HTC via engadget,htcinside.de