evitare1

米AT&T、LTE対応の「One X+」を発表、同筐体機をオーストラリア等で「One XL+」として販売予定

米AT&Tは2012年10月2日、前日発表された「One X+」のLTE対応版となる機種を発売すると発表したようです。

この機種はコードネームが「Evitare」、メーカー型番は「PM63100」で知られていた機種となります。

スペック


  • キャリア型番/型番/コードネーム:?/PM63100/Evitare
  • 通信方式:GSM 850 900 1800 1900 EDGE / WCDMA 850(V) 1900(II) 2100(I) HSPA+
  • LTE 700(B17) 850(B5) 1700(B4) 1900(B2) Cat.3
  • SoC:Tegra3+クアッドコア 1.7Ghz + (MDM9215)
  • GPU:AP37
  • ディスプレイ:4.7inch HD(1280 x 720) SuperLCD2
  • RAM:1GB
  • ROM:32GB/64GB + Dropbox 25GB二年間
  • カメラ:800万画素 f/2.0 HTCImageChip搭載
  • インカメラ:160万画素 f/2.2
  • 重さ:135g
  • バッテリー:2100mAh
  • 初期OS:Android 4.1.1
  • Sense4+、BeatsAudio、NFC対応

本体カラーは現状ブラックのみしか見受けられず、別で発表されていたOne X+とカラーは少し違う物となっています。

その他の点も、One X+と同等スペックとなっており、以前のOne XのLTE対応版となるOne XLのようなSoC違いもありません。

以前のAT&TOne X(Evita)とは違い、クアッドバンドLTEに対応しています。

オーストラリア等ではこのコードネーム「Evitare」をOne XL+として販売するようです。

恐らく現在One XとしてOne XLが販売されている地域、One XLが販売されている地域では現在販売されているOne XLと切り替わりこの機種が販売されると予想されます。

AT&Tなどから販売されているOne XLはHTCDevでの開発者アンロック機能が提供されていません。

恐らく同じようにAT&Tなどから販売されるOne X+も開発者アンロック機能が提供されないと考えられます、

Source : AT&T

– HTC速報:「evitare」についての記事一覧

HTC速報の「evitare」 についての記事を表示します。