DSC00245

au HTL22 HTC J Oneをレビュー、所有欲を満たしてくれる一台!しかし若干荒い部分も?

DSC00245

初めまして。今回管理人のご依頼によりレビューを書かせて頂けることになりました。

自分自身このような機会は初めてで緊張しながら記事を書きました。最後まで読んで頂ければ幸いです。

6月1日発売となったau HTL22 HTC J One(以下HTL22)を購入してきたのでレビューしてみます。

色はホワイトメタルです。ブラックメタルは未だ発売しておらず、現時点で明確な発売日は発表されておりません。

化粧箱

DSC00272

上がHTL22の化粧箱で下が前モデルのHTL21の物。箱が大型化し、端末の画像もプリントされています。

デザイン的には海外モデルの物と同じですね。

DSC00273

DSC00274

付属品としてイヤホンが付いてきました。ワンセグ視聴時にはイヤホンの接続が必須となるためその処置として付属させたのでしょうか。

音質に関してはまだ試しておりませんがデザイン的にもカラー的にもお洒落なためファッションアイテムの一つとしても機能するのではないでしょうか。

外観

DSC00270

本体はアルミ製ボディ。非常に高級感があり所有欲を満たしてくれる端末だと思います。

アルミによるさらさらとした質感が触っていてとても気持ちいいです。こんなの、はじめて。

ディスプレイは4.7インチFullHDで非常に高精細。視野角も大変広いです。

また、5.0インチだったHTL21よりも小型化された事で持ちやすさがアップしました。

DSC00249

背面には大きなhtcのロゴ!HTL21の控えめサイズのロゴで不満に思っていた自分としては大変嬉しい改善点です。

欲を言えばbeats audioのロゴももう少し大きくして欲しかったところですが…。

DSC00250

HTL21では3つだったキーが今回2つに減ってしまいました。

特にホームボタンは1タップでホームボタン、2タップでアプリ使用履歴、ロングタップでGoogle Nowと3つの機能が割り当てられております。

これは無理やり機能割り当てが行われた感じが否めませんので改悪だと思います。

海外モデルでは有志の方々が公開しているカスタムカーネルを使うことでhtcのロゴ部分にもキーとしての機能を割り当てる事が出来るようですが、ぜひ標準で使えるようにして欲しかったですね。

DSC00261

HTL22の特徴の中で自分が一番気に入っているのがディスプレイ脇に搭載された大型のステレオスピーカー。

高精細画面との相乗効果により動画鑑賞時も息を呑む迫力で楽しめます。

高性能アンプ搭載により音質にもさらに磨きがかかっております!

ソフトウェア

ソフトウェア面ではHTC製の新UIである「HTC Sense5」が搭載されています。

最新の情報をホーム画面に表示してくれる「HTC Blink Feed」によりダイレクトに情報へアクセスすることが可能です。

他にも「HTC Zoe」によるカメラの大幅な機能追加等など様々な面でSense4+から進化しています。

Screenshot_2013-06-01-21-25-32 Screenshot_2013-06-01-21-25-37

総評

HTL22はアルミ製ボディの採用にステレオスピーカー、さらにはSense5搭載など非常に魅力的でスペック以外でも前モデルからの向上箇所がいくつも見られます。既にHTL21を購入された方にもオススメ出来る一台だと思います。
ただ不満な点もいくつかあり、その一つがやはりボタン数の減少。電源ボタンが若干押しにくいのも気になりました。

また、自分が購入した本体はボリュームキー側面部分のメッキが若干剥がれているように見えました。

せっかくの高級感がある外装ですので質にも気を配って欲しいと思います。

IMG_0251

管理人より

今回は、HTC J butterfly台湾版化簡易ツールを作成して頂いたscotyさんにレビューを依頼させてもらいました!

私も購入したので後ほどレビューを記載せて頂きますが、私の視点だと殆ど同じようなレビューとなってしまうので自分では無い方にもレビューを依頼した次第です。

細かい所まで書いていただいていますが、とても簡潔にまとまっているので見やすいと感じます!今回は有難うございました!

Scottish Vineger

http://www.scottish-vinegar.com/