m8dualcameramodule3

未発表端末、コードネーム「M8」、HTC One (2014)に搭載されると考えられるデュアルカメラモジュールがMWC2014の会場にて展示中、カメラモジュールの概要が判明

m8dualcameramodule3

現在スペイン、バルセロナにて開催されているMWC2014にてHTC One (2014)、コードネーム「M8」に搭載されると考えられる物に似たデュアルカメラモジュールが会場にて展示されているようです。

このデュアルカメラモジュールはスマートフォンのSoCを手掛けているクアルコムと携帯電話のカメラモジュール開発を専業としているCorephotonicsの2社よって開発された物とされています。

Pocket-lintの取材によるとHTCとの関与については言葉を濁したそうですが、HTC One (2014)は既にリーク情報や画像によってデュアルカメラを搭載する事が解っており、にたカメラモジュールを搭載する事が判明しています。

デモでは、携帯電話のカメラが弱いデジタル光学ズームについての展示を行っていたそうです。

Corephotonicsのホームページを見ると、既にデュアルカメラの概要が一部掲載されており

m8dualcameramodule2

メインカメラは500万画素、出力解像度は800万画素で、セカンダリカメラは720p(1280 x 720)、出力解像度は1080(1920 x 1080)となるようです。

更にXDA Developersにて、更にHTC One (2014)に搭載されることが裏付けられる検証が記載されていました。

m8dualcameramodule1

このカメラモジュールが搭載される事は確定に近いようですね、どのような写真が撮れるのでしょうか、楽しみですね。

カメラモジュールの特徴などCorephotonicsのその他の概要については此方に記載されていますので、興味がある方はどうぞ。

Low Profile Camera – Corephotonics

http://www.corephotonics.com/low-profile-camera

Source : pocket-lint