auca

auが今年夏から「キャリアアグリゲーション」を導入へ、HTC J butterfly後継機「B2_WLJ」「HTL23」も対応濃厚か?

auca

au by KDDIは本日、今年2014年夏から「キャリアアグリゲーション」を導入すると発表しました。

日本初!「キャリアアグリゲーション」の導入について – KDDI

http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2014/04/21/besshi287.html

http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2014/04/21/287.html

LTE-Advancedの技術要素の一つであるCarrier Aggregation概要は次の通り

無線通信を高速化する手法の一つで、複数の搬送波による通信を一体的に運用する方式。

複数の異なる周波数帯の電波を同時に運用し、一つの通信回線としてデータを分散して送受信することにより、通信の高速化を図るもの。携帯電話/携帯データ通信では、LTEの改良版であるLTE-Advancedで導入される。

引用:e-words

KDDIがCAを行うLTE周波数は2100Mhz帯(Band1)と800Mhz帯(Band18・Band26?)と考えられ、KDDIは対応機種を今夏に投入すると述べていたようです。(CA_1-18/CA_1-26?)

それにより現在キャリアアグリケーション対応で販売が行われているHTC One (2014) M8の一部機種から考えると、国内販売を予定している「B2_WLJ」「HTL23」も対応する可能性は濃厚と考えられ、より早い高速通信が可能となるかもしれません。

B2_WLJの対応予想LTE周波数は次の通りとなります。

  • 2100(Band1)/1800(Band3)/700(band17)/800(Band18)/800(Band26)/2600(Band41)

今年もau向けが日本で利用するには一番最適なHTC端末になりそうですね。

発売が楽しみです。