himaback1

HTC One M9のプレスや実機写真など!LTEバンドの考察等

5

今回MWC2015にて発表された”HTC One M9”。

過去に販売されていたHTC One M8 / HTC One M7の血を引き継ぎ、HTCからすると「ウケが良かった」部分を融合し、製品化したと言った印象を受けました。

本体のハードウェアデザインやバンド構成の判明状況などを中心に記載・考察していきます。

スペックはこちらをどうぞ。

HTC、MWC2015にて”One M9”、”RE Grip”、”RE Vive”を公開! スマートフォン専売メーカーから次のステップへ | HTC速報

プレス画像

himasilvertopso

Gold + Silver

himaguntopso

Gunmetal Gray

himapinktopso

Gold + Pink

himagoldtopso

Gold

himasilverbackso

Gold + Silver

himagunbackso

Gunmetal Gray

himagoldbackso

Gold

背面の出っ張りは恐らくカメラモジュールに加えて、傷が付きにくいサファイアガラス採用による物だと考えられます。

また現在公開されている全てのカラーにヘアライン加工が施されており、より高級感を感じられる物となっています。

外装は背面カバーと前面の金属一体式フレームにて構成されている、M8と似た様な構造となっていますがM8は前面の一体式フレームは金属ではありませんでした。

前面にはより集光が行えるとされる”UltraPixel”とワイドアングルレンズを備え、セルフィーを行う時によりシチュエーションを気にせず明るく撮影が可能となっています。

実機写真

himaback3

背面 via cnet.com

himatop1

前面 via cnet.com

himatop2

前面上部 / フロントカメラ via cnet.com

himadown1

下部 via cnet.com

himacamera1

2000万画素メインカメラ / サファイアガラス採用 via cnet.com

himausb1

USB接続部 via cnet.com

himagrip

グリップ 前面 via cnet.com

himagrip1

グリップ 背面 via cnet.com

himam8back

M9 / M8 via cnet.com

himagunmeta2

HTC One M9 Gunmetal Gray via cnet.com

himagunmeta1

HTC One M9 Gunmetal Gray via cnet.com

thanks!! CNET.com

判明機の種類

判明機種類一覧
AT&T向け HIMA#UL_ATT
T-Mobile USA向け HIMA#UL_TMUS
Sprint向け HIMA#WHL
Verizon向け (HTC6535LVW) HIMA#WL
アジア太平洋向け HIMA#UHL
アジア太平洋向け HIMA#TUHL
欧州・中東向け HIMA#UL
中国連通(ChinaUnicom)向け HIMA#UHL_CU
中国電信(ChinaTelecom)向け HIMA#WHL_CT
中国移動(ChinaMobile)向け HIMA#TUHL

おおよそ被ってはいますが、SoCの機能向上によりM8以上に種類を絞れているように感じます。

最先端のネットワーク対応機はやはりUSキャリア版でしょうか。

北米キャリアの動向

2015/03/02/07:33時点ではHTCサイトにて各キャリアの対応バンド等の記載はありません。

 – AT&T Mobility 

himaulatt

AT&Tモデル

Introducing the new htc One | AT&T

対応LTEバンドは最低でも1900(B2)/1800(B3)/AWS(B4)/850(B5)/2600(B7)/700(B17)/700(B29) MHz に対応し、CA_B4-B17CA_B2-B17のキャリアアグリゲーションに対応する見通しでは有ります。

更にローミングバンドにて何が追加されるかが焦点となっています。

 – T-Mobile USA

himasilver3so

HTC One M9 | T-Mobile USA

○T-Mobile USAモデルはキャリアロゴなし。

LTEバンドは最低でもAWS(B4)/700(B17) MHzに対応する見通しで、加えてローミングバンドに対応するかが焦点となっています。

 – Sprint Nextel

himawhlspr

Coming Soon HTC One M9 | Sprint

○Sprintモデルはキャリアロゴなし

LTEバンドは最低でも1900(B25)/800(B26)/2500-2600(B41) MHzのSprint Sparkに対応する見通しで、ローミングバンド、B41内CAに対応するかが焦点となっています。

 – Verizon Wirless

himawl

Introducing the new htc One | Verizon

LTEバンドは最低でも1800(B3)/AWS(B4)/2600(B7)/700(B13) MHzに対応する見通しで、CDMAの対応可否とローミングバンドが増加するかが焦点となっています。

 – アジア版

himasilver3so

アジア版は現状全地域で公開されているLTEバンドと同一かとは考えられますが、キャリアアグリゲーションの有無や構成などがまだ依然として不明です。

LTE2100(B1)/1800(B3)/800(B5)/2600(B7)/900(B8)/800(B20)/700(B28)/(B38)/2300(B40)/2500-2600(B41) MHz に対応とされる。

私の予想ではLTE相互ローミングの要件やSoCのスペック向上にて多くのモデルが日本で強く使われているBand1LTEに対応するのではないかと考えています。

特にスプリントがソフトバンクモバイルとのLTE相互ローミングを開始する方針なので有れば、Sprint版HTC One M9はBand1/Band3/Band8とCA_B3-B8のCarrierAggregation辺り対応してもいいのではないでしょうか。

どちらにしても楽しみです!公開が待ち遠しいですね。