b3_hima_4

新モデル、HTC J butterfly HTV31と歴代”Jシリーズ”やメインラインモデルのHTCスマートフォンと見比べる

b3event_session1_16

2015年度の新モデル、HTC J butterfly HTV31と自宅にある一部のHTCスマートフォンを購入時の参考になればと言う事で、一緒に撮影した写真を掲載します。

写真メインの記事ですので、文章は控えめです(^^;) / 手抜きすいませんm(__)m

歴代”HTC J”スマートフォン

vae_dlx_b2_b3

HTC J シリーズ4機種

左から「HTC J ISW13HT VALENTE#WX」「HTC J butterfly HTL21 DELUXE#WLJ」「HTC J butterfly HTL23 B2#WLJ」「HTC J butterfly HTV31 B3#UHL」。

vae_dlx_b2_b3_1

上から

b3_b2_1

HTV31とHTL23

b3_dlx_1

HTV31とHTL21

vae_dlx_b2_b3_2

4台

全て同じレッドカラーではありますが、実は微妙に違っていて、新モデルである「HTV31」は前モデルよりより深い色となり初期”J”モデルの「ISW13HT」ととても近い色になっているのが解りました。

b3_vae_2

HTV31とISW13HT

b3_vae_1

HTV31とISW13HT

歴代Jシリーズの背面だけを触ったり見たりすると、初代Jからグロスボディの質感は変わらず、プラスチック筐体の仕上げ方は安定しており、劣化せず全く変わっていない印象を受けました。

フラッグシップHTCスマートフォン

b3_m8_1

HTV31とM8

b3_m8

HTV31とM8

去年のフラッグシップモデルである、HTC One M8を並べました。

やはりそもそもの素材が違うので、だいぶ質感は違う物となっていますが、一長一短であるとは思いますね。

b3_b2_hima_m8_1

HTC JとOneシリーズ

左には「HTC J butterfly HTV31 B3#UHL」「HTC J butterfly HTL23 B2#WLJ」、右には「HTC One M9」「HTC One M8」を並べました。

b3_b2_hima_m8

Jシリーズは歴代ロゴが無いので、若干寂しいですね。

b3_hima_1

カメラ

HTV31とM9のカメラを見ると、M9はカメラカバーにサファイアガラスを利用しているからか、四角い形で若干分厚い形。

どちらも同じカメラモジュールを利用しているので、出っ張ってしまうのは仕方ないように感じますが、HTV31はサファイアガラスを利用していないからか大きく出っ張っておらず、カメラカバーが丸い形となっています。

b3_hima_2

インカメラ

HTV31の特徴はインカメラとなり、M9には無い長所の一つです。

その為インカメラの配置もM9とは若干違います。

b3_hima_4

スロット部分

M9は端末左に、ピンを利用するSIMスロットが存在していますが、HTV31はピンを利用しないSIMスロットとSDスロットが搭載されています。

b3_hima_3

ボタン側

M9はSDスロットが存在していますが、HTV31とおおかた同じボタン配置となっています。

b3_hima_5

厚さ

厚さは大きく変わらないようには感じますが、縦の長さがだいぶ違います。

参考資料として撮影した写真ですが、やはり私自身はM9やM8のようなHTCらしさが残るスマートフォンが好みではありますね。

ただ、M9には無い機能や利点が随所に散りばめられていますので、”J”シリーズも1つの完成系として間違いでは無いように感じますね。

是非検討してみては如何でしょうか。