HTC 10

日本向け、「HTC 10」 で判明している情報まとめ ― SIMフリーモデルが投入か

先日HTCのグローバルにて発表が行われた、コードネーム「PERFUME」メーカー型番「2PS6 Series」となる2016年度のフラッグシップモデル「HTC 10」だが、日本向けの状況が公になってきたので、その情報を纏めたい。

HTC 10のスペックや、おおよその概要については以下を確認していただきたいと思う。

HTC、2016年度フラッグシップモデル「HTC 10」を発表 ― プレスリリースやスペックなどを確認

SIMロックフリー版

pme1

HTC 10の日本向けSIMロックフリー版となるスマートフォンの情報がグローバルでの公開と同時に公になっている。

pme_bands

引用すると次の通り。

  • #UHL SKU(Japan)
  • 2G/2.5G – GSM/GPRS/EDGE
  • 800/850/1800/1900 MHz
  • 3G UMTS
  • 850/900/1900/2100 MHz
  • 4G LTE (up to 450Mbps)
  • FDD: Bands 1, 3, 5, 7, 13, 17, 19, 21, 26
  • TDD: Bands 38, 41
  • Support Cat 9 LTE, download up to 450 Mbps, upload up to 50 Mbps

上記の件に関して、HTC NIPPON公式アカウントは一切触れておらず、HTC日本の公式ページにも一切記載が無いため、フライング掲載の可能性が高い。

LTE Category 9に対応していることにより、3波CAに対応しており、800MHzのLTE Band19やSIMロックフリースマートフォンでは珍しく、HTCでは世界初となるドコモ専用バンドの1500MHz帯(LTE Band21)に対応しているとの記載。

また、国内ではauが利用している800MHz帯のLTE Band26に対応しているとの記載により、auのVoLTE SIMカードで利用ができる可能性も高くなっている。

ただ、ソフトバンクやワイモバイルで山間部や郊外のエリアカバーで利用している900MHz帯となるLTE Band8に対応しておらず、若干疑問に感じる。

その他の情報は未だ判明していないが、HTCとしてのフラッグシップモデルのSIMロックフリーを投入するとなると、どのような価格や販促を行っていくのか楽しみではあるが、とても不安があるようにも感じる。

今年度のHTC NIPPONは本社の経営状況から考えられないほど力が入っているように感じた。

仮にSIMロックフリー HTC 10を国内市場へ投入する場合、流石にそれのみと言う事は無いように感じる為、Desireシリーズの投入も期待したいところだ。

続報を待ちたい。