HTC 10 PERFUME#WHL

Sprint版、「HTC 10」を入手 ― アメリカ版向けとなる”Glaciar Silver”を写真で見る

米国の通信事業者、Sprintから販売が行われている「HTC 10」を入手したので報告を行いたい。

Sprint版のコードネームは「PEFUME#WHL」となり、モデルIDは”2PS6400″。

通信方式はGSM、CDMA2000、WCDMA、FDD-LTE、TD-LTEに対応し、キャリアアグリゲーションに対応している。

また、Sprintの通信ブランドとして”LTE Plus”に対応し、CA_25-26などに対応となる。

Sprint版モデルにはSIMロックが行われている事も忘れてはいけない。

カラーリングについて

Glacier Silver

Glacier Silver

HTC 10のカラーリングは、現在以下の種類が存在する。

  • Nimbus Cloud
  • Glacier Silver
  • Topaz Gold
  • Carbon Gray
  • Camellia Red

シルバーモデルが欲しい場合は、”Nimbus Cloud”か”Glacier Silver”を選ぶ事になるのだが、前者は前面タッチパネルが白、後者は黒となっている。

Nimbus Cloud

Nimbus Cloud

私の好みは前面黒の”Glacier Silver”なのだが、このモデルは現在米国市場でのみでしか販売が行われていない。

その為、このカラーリングを選びたい場合、必然と米国のアンロックモデルや、キャリアモデルとなってしまいとても悲しい。

是非ほかの市場でも販売を行ってほしい限り。

ちなみにSprint版はこの”Glacier Silver”のみの販売となっている所でも、色々な事情を勘ぐってしまう。

パッケージ

PERFUME#WHL ボックス

PERFUME#WHL ボックス

パッケージは日本版とは違い、グローバル版に近いものとなっている。(購入先が新古だったため箱に落書きがある)

養生フィルムなど

養生フィルムなど

内容物

パッケージ。HTV32と酷似

パッケージ。HTV32と酷似

内容物は次の通り。

  • 本体
  • 説明書類
  • USB Type-Cケーブル
  • ACアダプタ(TC PS000-US)
ACアダプタなど

ACアダプタなど

説明書類

説明書類

日本版などには付属しているハイレゾ対応イヤホンの付属は無い。

中身のパッケージ構成についても大差がない。

本体

HTC 10 PERFUME#WHL

HTC 10 PERFUME#WHL

HTC 10 PERFUME#WHL

HTC 10 PERFUME#WHL

本体はいつものSprint版同様認証ロゴやキャリアロゴ等が一切本体に刻印されていない。

とてもHTCの純正ライクにキャリアモデルを提供しているSprintならではの構成。

中身

HTC 10 PERFUME#WHL

HTC 10 PERFUME#WHL

中身についてはいつもと同じように、SprintのMVNOでも利用が可能なようにOMADMシステムが構成され、ハンズフリーアクティベーションの通知が表示される。

ブロートウェアについては伝言アプリや一部のキャリア管理アプリが有るだけで、その他はほぼ搭載されていない。

また、ソフトウェアアップデートについても、Sprint版はグローバル版より早く提供される場合があることで知られている。

最後に

HTC 10 PERFUME#WHL

HTC 10 PERFUME#WHL

早速更新も提供されているし、なかなか私にマッチした構成となっているのがとても有り難い。

HTC One A9に引き続き利用していきたいと思う。