HTCのメモリ・ストレージ管理アプリ「Boost+」登場、セキュリティ強化機能も

HTCよりメモリ、ストレージの管理アプリ「Boost+」がPlayストアでリリースされました。インストール要件はAndroid 4.4以上となっており、HTCデバイス以外にもインストールして利用することができます。メモリ解放以外の機能も搭載されている「Boost+」、これらの機能をひとつずつご紹介します。

各種項目をチェック

まずアプリを立ち上げると、ストレージとメモリの使用量が表示されます。メモリが3GBある機種では余裕がありますね。その下にはメモリのブーストやアプリの管理、キャッシュなどの不要ファイルの削除、アプリをロックするといった項目が並んでいます。

boost00

ブースト・スマートブースト

メモリの最適化機能です。過去には手動で実行する機能がありましたが、現在利用できるスマートブーストではこれらを自動化するようになっており、セキュリティ設定からアクセス許可をすることで利用することができます。

自動化にはアクセス許可が必要です

自動化にはアクセス許可が必要です

不要なファイルの削除

ジャンクを消去という名称のこの機能では、キャッシュファイルやAPKファイル、テンポラリファイルや広告ファイルといった項目別に不要なものを削除することができます。広告ファイルが項目の中に出てくるというのは少し興味深い点ですね。

グラフでジャンクファイルの比率が表示される

グラフでジャンクファイルの比率が表示される

アプリを管理

ここではアプリの一括アンインストールが行えます。アプリ一覧もサイズ順や使用履歴順、名前順に並べ替えられます。あまり使っていないアプリを見直すきっかけにもなりますし、まとめてアンインストールする場合も個別に消すより便利です。

boost_app

不規則なアクティビティタブでは、スリープ中のプロセッサやGPSの使用量過多などを検出した際に該当するアプリが表示されます。ここではアプリごとに処理を選択でき、「なにもしない」「再度開くまでアプリを中止」のどちらかを選ぶことが出来ます。

アプリをロック

はじめに解除用のパターンを登録しておき、その後ロックをかけたいアプリを選択します。すると、選択したアプリを起動した際にパターンロックをアプリの最前面に表示されます。そのようにして、アプリを操作できないようにロックされる仕組みとなっています。

所々に妙な日本語訳や誤字があり、こういうところでHTCらしさが出てきてしまっているように思います。修正に期待します。

現在は修正されましたが、リリース当初は所々に妙な日本語訳や誤字があり、こういうところでHTCらしさが出てきてしまっているように思います。

一瞬アプリが表示されてしまうことや、ナビバーを隠した時にアプリの一部が表示されてしまうようなこともありましたが、現在は修正されているのでアプリをロックするための用途としても十分な出来となっています。

指紋スキャナの項目

指紋スキャナの項目

ちなみに指紋認証が使えるデバイスでは、パターンロックの代わりに指紋でロックを解除できます。

フォアグラウンドアプリの最適化(旧ゲーム バッテリーブースター)

設定したアプリの解像度を落として実行することで、バッテリー寿命の最適化を図ります。具体的にはアプリを起動する際、WQHDからFHDへ解像度を落としてアプリを実行します。最近の更新によって一部のFHDのHTCデバイスもサポートされるようになり、その場合はHD解像度でアプリを実行します。この機能はHTCデバイスでのみ機能します。

この機能ではゲームだけでなく、ベンチマークテストアプリや通常のアプリも最適化対象に設定することが可能です。解像度を落としても見た目の変化を感じられないゲームもあるため、負荷を落としてバッテリー消費を抑えるという意味では有効な手段であると考えられます。

現在、国内でこの機能が利用できるのは、HTC 10 HTV32とAndroid 6.0.1にアップデートしたHTC J butterfly HTV31のみです。

CPU-Zを最適化対象にして実行してみた結果。FHDのデバイスとして認識されていることがわかる。アプリによっては少しUIのサイズが大きめに表示される。

CPU-Zを最適化対象にして実行してみた結果。FHDのデバイスとして認識されていることがわかる。アプリによっては少しUIのサイズが大きめに表示される。

ゲームバッテリーブースターもしばらくしてから更新がありました。Playストアの新機能の欄には”ゲーム バッテリー ブースターが Android 6.0 Marshmallow を起動している HTC フォンの FHD (1080p) 画面解像度に対応。”とあり、いくつかのFHDデバイスもサポートされるように。

新規にサポートされるデバイス
HTC Desire 826 dual sim
HTC One E9 dual sim
HTC Desire 826
HTC Butterfly 2
HTC Desire EYE
HTC One (E8) dual sim
HTC One (E8)
HTC One (M8 Eye)
HTC One M8

手元のHTC One M8(Asia_TW Android 6.0)ではゲームバッテリーブースターの項目は確認できなかったので7月末に問い合わせてみたところ、現在は”ゲーム バッテリー ブースターが Android 6.0.1 Marshmallow を起動している HTC フォンの FHD (1080p) 画面解像度に対応。”と記述が変更され、Android 6.0止まりのHTC One M8は項目から消去されています。説明文からは削除されていますが、カスタムROMをインストールするなどしてAndroid 6.0.1となっていればHTC One M8であってもこの機能は動作をすることを確認しています。

m8_boost

FHDのHTCデバイスの場合はHDとなる。

他社モデルでのインストール

他社モデルでもインストールが可能です。

以前はHTCスマートフォン以外だと広告表示があったのですが、現在では消去されているように感じます。

Xperia Z4 SOV31でインストールした図

まとめ

Android自体のメモリ管理機能も向上してきており、物理的な容量も増加していることから、最近のデバイスでは手動でメモリ解放をする必要性は少なくなってきています。しかし、ゲームを快適に遊ぶために意図的にメモリを解放するという使い方はもちろん、不要なキャッシュファイルやアプリのロックなどの機能も搭載されているので、有用な使い方が期待できるアプリではないでしょうか。

尚、本アプリはauから販売されるHTC 10 HTV32に標準搭載されています。

Boost+ – Google Play の Android アプリ

2016/05/27 Android 4.4から利用可能になっていたので追記。

2016/06/09 ゲーム バッテリーブースターの説明を追記。

2016/06/21 SOV31でインストールした図を追記。

2016/08/20 大幅に更新

2017/02/15 細かな内容の修正