新S-OFF方法「FacePalm」をやってみた。S-OFFせずにSuperCIDに出来る機種は全て対応 (HTC速報Dev)



deluxeu1

 

先日「MicroSDカードスロットが無いDROID DNA / One XLのS-OFFが成功 (HTC速報Dev)」の記事を書きましたが、それをやってみたのでメモ書きをしたいと思います。

[S-Off] Facepalm S-Off for HTC Devices One S, One XL, Droid DNA

http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2155069

[S-Off] Facepalm S-Off for HTC One XL

http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2155071

 

自己責任でお願いします。 

 

公式対応している機種は以下の通り

  • DROID DNA – MONARUDO (PL83200)
  • One XL (AT&T One X) – EVITA (PJ83XXX)
  • One S – VLE (PJ401XXX)

公式対応していないが、恐らく可能と思われる機種(この方法でS-OFFが出来る機種)は以下の通り

プラットフォーム:HBOOT-8960 プラットフォーム:HBOOT-8064
  • One XC – JEL_DD (PL06100)
  • DROID Incredbile 4G LTE – FIREBALL (PJ53100)
  • HTC J – VALENTEWX (PK07100)
  • HTC J (Z321e) - VALENTEWXC9 (PK07110)
  • EVO4GLTE – JEWEL (PJ75100)
  • One XL (TD-LTE対応版) – EVITA_UTL (PJ83500)
  • HTC J butterfly – DELUXE_J (PL99100)
  • Butterfly (X920d) – DELUXE_UB1 (PL99110)
  • BUTTERFLY (X920e) – DELUXE_U (PL99300)
  • INFOBAR A02 – IMPRESSION_J (PM65100)

今回はDirtyRacunではなくこの方法で、HTC J butterfly – DELUXE_JをS-OFFしてみたのでメモ書きしておきます。

 

必要事項は次の通り

  • UNLOCKED済み
  • root(SuperSUインストール)取得済み
  • mmcblk0p5又はmmmcblk0p4を編集し、SuperCIDにしている事
  • その機種のRUUが有る事(未署名でもOK?)

必要ファイル

 

SuperCIDにする

これについては、各機種によりますが管理者権限(root)でプラットフォームHBOOT-8960の機種はmmcblk0p4を、プラットフォームHBOOT-8064の機種はmmcblk0p5が影響が有るCIDの記述ブロックとなっており、それをバイナリエディタなどで編集後、管理者権限で書き直せばSuperCID化を行う事が出来ます。

 

htl21root1

(ここでは関係ありませんがXXXはIMEI/ZZZはMEIDです。)

 

元々の状態は機種によって違うと思いますが1111111の部分がSuperCIDで、これを書き込めばS-OFFでなくてもSuperCID化が行えます。

 

S-OFFまでの手順

リンク先のXDAでOneXL/DNA/OneSのRUU(イメージのみ)は配布されていますが、その他の機種はそこでは配布されていませんので、検索し自分に合ったRUUを見つけ、RUUイメージ(rom.zip)を取り出してfastboot.exeと同じ場所に配置しておきましょう。

序に、必要ファイルの中にあるsoffbin3もadb.exeと同じ場所に置いてください。

 

  • 1) 本体を起動し、デバッグモードをONにしてください

その後、以下のコマンドでFASTBOOTモードを起動します。

adb reboot bootloader

  • 2) RUUモードを起動します。

fastboot oem rebootRUU

  • 3) RUUのエラーを誘発する為に一度フラッシュします。

fastboot flash zip (RUUイメージの名前).zip

すると、「FAILED (remote: 92 supercid! please flush image again immediately)」とエラーが出ますのでbootします。

fastboot oem boot

 

HTC J butterflyでの実行結果ですが以下のように流れます。
c:\adb\DLX_J>fastboot oem boot

(bootloader) pm8921_vreg_disable function, vreg_id = 14
(bootloader) Boot/Recovery signature checking…
(bootloader) TZ_HTC_SVC_HASH ret = 0
(bootloader) setup_tag addr=0×80600100 cmdline add=0×00324628
(bootloader) TAG:Ramdisk OK
(bootloader) TAG:skuid 0x32E01
(bootloader) TAG:hero panel = 0×940064
(bootloader) TAG:engineerid = 0×0
(bootloader) TAG: PS ID = 0×0
(bootloader) TAG: Gyro ID = 0×1
(bootloader) Device CID is super CID
(bootloader) CID is super CID
(bootloader) Backup CID is empty
(bootloader) setting->cid::11111111
(bootloader) serial number: FA2CNS503317
(bootloader) commandline from head: console=ttyHSL0,115200,n8 androidboot
(bootloader) .hardware=dlxj user_debug=31
(bootloader) command line length =798
(bootloader) active commandline: poweron_status=1 reset_status=0 board_de
(bootloader) luxe_j.disable_uart3=0 diag.enabled=0 board_deluxe_j.debug_u
(bootloader) art=0 userdata_sel=0 androidboot.emmc=true androidboot.pages
(bootloader) ize=2048 skuid=0 ddt=20 ats=0 androidboot.lb=1 td.sf=1 td.t
(bootloader) d=1 td.ofs=328 td.prd=1 td.dly=0 td.tmo=300 hlog.ofs=628 un.
(bootloader) ofs=694 imc_online_log=0 androidboot.efuse_info=SFSL androi
(bootloader) dboot.baseband=1.00.10.1127_3 androidboot.cid=11111111 andro
(bootloader) idboot.devicerev=3 color_ID=BLK00 androidboot.batt_poweron=g
(bootloader) ood_battery androidb
(bootloader) aARM_Partion[0].name=misc
(bootloader) aARM_Partion[1].name=recovery
(bootloader) aARM_Partion[2].name=boot
(bootloader) aARM_Partion[3].name=system
(bootloader) aARM_Partion[4].name=local
(bootloader) aARM_Partion[5].name=cache
(bootloader) aARM_Partion[6].name=userdata
(bootloader) aARM_Partion[7].name=devlog
(bootloader) aARM_Partion[8].name=pdata
(bootloader) aARM_Partion[9].name=extra
(bootloader) aARM_Partion[A].name=radio
(bootloader) aARM_Partion[B].name=adsp
(bootloader) aARM_Partion[C].name=dsps
(bootloader) aARM_Partion[D].name=radio_config
(bootloader) aARM_Partion[E].name=modem_st1
(bootloader) aARM_Partion[F].name=modem_st2
(bootloader) aARM_Partion[10].name=cdma_record
(bootloader) aARM_Partion[11].name=nfc_record
(bootloader) aARM_Partion[12].name=reserve
(bootloader) partition number=19
(bootloader) Valid partition num=19
(bootloader) setting_get_bootmode() = 9
(bootloader) smem 8CF04000 (phy 8CF04000): TZ_HTC_SVC_UPDATE_SMEM ret = 0
(bootloader) TZ_HTC_SVC_ENC ret = 0
(bootloader) Start Verify: 3
(bootloader) TZ_HTC_SVC_ENC ret = 0
(bootloader) TZ_HTC_SVC_DISABLE ret = 205643776 (0xC41E000)
(bootloader) Start Verify: 3
(bootloader) jump_to_kernel: machine_id(4201), tags_addr(0×80600100), ker
(bootloader) nel_addr(0×80608000)
(bootloader) ——————-hboot boot time:79961 msec
FAILED (status read failed (Too many links))
finished. total time: 2.962s

通常起動している状態ですので、次にsoffbin3を実行します。

adb push soffbin3 /data/local/tmp/
adb shell chmod 744 /data/local/tmp/soffbin3
adb shell su -c "/data/local/tmp/soffbin3"

画面上ではSuperSUの実行確認画面が出ていると思いますので、許可をします。

その後、以下のコマンドでFASTBOOTを起動しましょう。

adb reboot bootloader

 

そうすると、S-OFFが完了しています。

とても簡単にかつスムーズに行う事が出来、とても重宝しますね。

DROID DNAについてはHTC J butterfly同様アンロックが出来ず、アップデート後にはSuperCIDにする事が出来ない+CIDの書き換えが対策されている可能性が大なのでアップデートを行ってしまった人は不可能となりますが、その他の機種はアンロック可能ですしこの方法が対策されるまではS-OFFが可能でしょう。

HTCの機種を復旧やカスタムを行う場合はS-OFFをしているととても扱いやすくなりますのでとても嬉しいニュースでしたね!

One VやDesire Xの対応もこのツールを作ったチームの代表であるJcase氏は述べていますので、期待して待ちましょう!

 

追記 2013/03/01/22:21

最初記載していたsoffbin3はICSに非対応だったと言う事で、リンクを差し替えました。

コメント有難うございました

この記事は内部情報を調べたり改造を行うユーザー向けの記事(HTC速報Dev)となっています。
HTC速報Devに記載している事を行う場合は自己責任でお願いします。

Written by HTC速報@管理人

当サイトの管理人です。HTCの機種が大好きです。


関連記事:






15件のコメント

  1. 匿名 より:

    ISW13HT (HTC J) で無事この方法で S-OFF できました
    ありがとうございました

    ちなみにリンクがいろいろかわっていて
    forumのアドレスは
    http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2155071

    soffbin3のアドレスは
    http://d-h.st/WrZ
    です
    このバージョンだとICS以前にも対応ということで
    HTC J でも S-OFFできました

    評価 : Thumb up 0 Thumb down 0

  2. 匿名 より:

    すみません。初心者ですが教えてください。
    RUU何を使えばいいのでしょうか?
    いろいろ調べるのですが、わからなくなってしまいました。

    評価 : Thumb up 0 Thumb down 0

  3. S.Y より:

    数日前ISW13HTをS-OFFしてる際に、この方法で3番のRUUをフラッシュする所で「zipが見つからない」と出てしまい、後日やり直そうとしたら今度は「Device not found」で1番のrebootが出来なくなってしまいました。AndroidSDKも最新版をインストールしてるのですが改善されません。何か解決策はありますでしょうか?

    評価 : Thumb up 0 Thumb down 0

    • HTC速報@管理人 より:

      パスが上手く通ってないとしか言えませんね・・・申し訳ないです。

      評価 : Thumb up 0 Thumb down 0

      • S.Y より:

        返信有難う御座います。確認した所、PathからAndroidSDKが消えてました。(ISW13HTのroot化の際に設定したはずなのに・・・)その後すんなりとRUUをフラッシュさせて(RUU.zipではなくC:\android-sdk-windows\platform-tools\RUU.zipで通りました)soffbin3の実行まで来たのですが、

        adb push soffbin3 /data/local/temp
        cannot stat ‘soffbin3′: No such file or directory

        と出てしまいます。先ほどのRUU.zipの時のようにsoffbin3をC:\android-sdk-windows\platform-tools\soffbin3.zipに変えたら通ったかのような動作を見せます。しかしその後のadb shell chmod 744 /data/local/tmp/soffbin3が通らなくなります。一度全てを実行してrebootさせましたが、S-OFFにはなっていませんでした。

        ここの部分で失敗してる人の記事がなく、完全に手詰まり状態になっています。なにかご教授いただけないでしょうか?

        評価 : Thumb up 0 Thumb down 0

      • S.Y より:

        何度もすみません、何とかあれこれやったら無事S-OFF出来ました。原因はcd C:\android-sdk-windows\platform-toolsをしていなかった事と、RUU.zipが壊れていたことでした。

        評価 : Thumb up 0 Thumb down 0

  4. キド より:

    はじめまして。いつもお世話になっております。
    当方HTL21のFacepalm式S-offを進めているのですがどうにも煮詰まってしまい
    何か助言を頂きたい次第でコメント差し上げました。

    Bootloader unlock,SCIDの適用、ROOT権限の取得の条件は全て満たしているのですが
    この方法を最初から最後まで実行してもS-ONのままという状態にあります。

    ログを調べてみると、FAILED (remote: 92 supercid! please flush image again immediately)
    にあたる部分がFAILED (remote: 99 unknown fail)に代わっています。

    ただこれは2回目以降のフラッシュの事であり、
    1回目のログにはFAILED(remote: 92~)と残されていました。
    (1回目はsoffbin3の適用方法を誤り、適正に行えませんでした。)

    適用するRUUを変えてみたりDLし直してみたり、CWM上からFactoryResetしてみたり
    したのですが、なかなか解決されません。

    もし宜しければ、見直すべき点を提示していただければ幸いです。

    評価 : Thumb up 0 Thumb down 0

    • HTC速報@管理人 より:

      コメント有難うございます。

      http://htcsoku.info/htcsokudev/rudimentary-knowledge/ruu/
      此方を読んでいただければ解るかと思いますが、S-ON + UNLOCKEDですとsigned RUU(公式RUU)のフラッシュが不可となります。

      公式RUUとされるものは次の通り
      ・OTAのzipファイル内に含まれる「firmware.zip」
      ・RUU

      私自身、完璧に認識している訳ではないのですがエラーの出る優先度は経験的に

      1、FAILED (remote: 92 supercid! please flush image again immediately) ← デバイスがSuperCIDの為、もう一度焼いてほしい
      2、FAILED (remote: 99 unknown fail) ← 良く解らないエラー(大体はS-ON + UNLOCKED時にsingedRUUをフラッシュしようとしている為に発生)
      3、FAILED (remote: 90 hboot pre-update! please flush image again ) ← HBOOTのアップデートの為にもう一度焼いてほしい

      の上から順だと感じています。

      supercid!エラーは一度発生すると、”同じzipファイル(RUU)”では二度と発生しないようです。(何かのフラグを消せば出るようだが・・?)
      ですのでキドさんが利用したそのzipはもうsupercid!エラーを出す事為には利用できない筈です。

      supercid!エラーが出なくなった場合の対処法としては次の通り
      ・上記に記載したその他のsingedRUUを使いエラー誘発
      ・自分でRUU形式のzipを作成してそれを使いエラー誘発

      となります。

      一応”S-OFFとは関係が有りません”が、追記しておくとその 99 unknown failのerrorが出ている原因はS-ON + UNLOCKED状態でsingedRUUをフラッシュしようとしているからです。
      ですので、S-ONでRUUを正常に行いたい場合は「fastboot oem lock」を行いRELOCKEDにしてからやってみて下さい。

      評価 : Thumb up 0 Thumb down 0

      • キド より:

        こんにちは。丁寧なご回答をありがとうございました。

        RUU適用時に起こるエラーなら何でも(「Unlockに依り弾かれた」というエラーでも)
        良いと考えておりました。CIDエラーを吐かせる事が重要なのですね。

        恐縮ながらRUUに関する記事と合わせて考えて、もう1つ質問させていただきます。

        解決策として「その他のsignedRUUを使い~」と回答頂きましたが
        signedRUUと言っても、例えば他のモデルID、本体ver、Hbootverを持つsignedRUUは
        おそらく使えないことと思います。(SCID以外の記述に依るエラーで適用不可のため)

        となるとsignedRUUで一度失敗してしまうと、
        CIDに関する記述だけが異なるsignedRUUを用いる必要がある。ということでしょうか?

        長文、乱文で申し訳ありませんがご回答頂けると幸いです。

        評価 : Thumb up 0 Thumb down 0

        • HTC速報@管理人 より:

          singnedRUUとされる機種は現状、具体的には

          ・1.29.970.1 OTA内のfirmware.zip
          ・PL99IMG_DLX_WLJ_JB_45_KDDI_JP_1.15.970.1_R_Radio_1 .00.10.1127_3_NV_2.28_01C_release_signed.zip

          しかありません。
          キドさんが既に2つ目を利用している場合は、signedRUUのみで縛ると上のfirmware.zipにて行うしか手は残されていません。

          しかし「signedRUUのみで縛ると」と言う事ですので、S-ON + UNLOCKEDで利用できる自作RUUにて同じsupercid!エラーを誘発させることも可能です。
          自作RUUで良い例なのか、Unlimited.IOが公開しているRacunROM.zipとなります。

          S-ON + UNLOCKEDで利用できる自作RUUの中身条件は

          android-info.txt ← 必須 (このファイルでRUUのMID/CID/バージョン情報を管理している)
          boot.img
          recovery.img
          system.img

          となり、hbootやその他(sbl2.img / sbl1.imgなど)のファームウェアに関わる部分は同梱不可です。

          ですのでこの場合、キドさんはS-ON + UNLOCKEDですので私が同じ状況になっているとすると
          適当なrecovery.imgと、firmware.zipから取り出したandroid-info.txtをzipファイル化して、自作RUUを作成しそのままフラッシュを行うとsupercid!エラーが誘発できますので
          そこからsoffbin3を実行すると思います。

          評価 : Thumb up 0 Thumb down 0

          • キド より:

            分かりやすい回答をありがとうございます。

            では、公式RUU(PL99IMG DLX~)のrecovery.imgとご指定いただいたOTA内のandroid-info.txtを
            Zip化したものをRUUファイルとして、一度試してみようと思います。
            それでダメなら旧S-OFF、それでもダメなら一度Android上から工場出荷状態に戻して
            1からやってみようと思います。何から何まで本当にありがとうございました。

            評価 : Thumb up 0 Thumb down 0

  5. キド より:

    追記

    Path,コマンドプロンプトでのcdもadb.exeのあるフォルダ(Platform-tools)を示しています。

    評価 : Thumb up 0 Thumb down 0

  6. arses より:

    Hi Dears,

    Anybody have been succeeded on htc one xl pj8350000 s-off??

    I will appreciate if you answer me in english or mail me directly.

    thanks in advance.

    email: persmithradates@hotmail.com

    評価 : Thumb up 0 Thumb down 0

  7. kim より:

    wow. I tried face palm, didn’t work, tried rumrunner, didn’t work, probably tried one other method, didn’t work. this one actually worked. I have HTC isw13ht. Thank you! thank you! thank you!!!!!!!

    評価 : Thumb up 0 Thumb down 0

  8. HTC J より:

    こんにちは。ISW13HTをfacepalmでs-offしようとしているものですが、
    どうしてもFAILED (remote: 99 unknown fail)から抜けだせません。
    最初は、確かFAILED (remote: 92 supercid! please flush image again immediately)がでたのですが、そのときは違う理由でうまく行きませんでした。
    ちなみに、現在の状況は、HTC速報さんの香港ROM、bootloader unlock、supercid、root取得済み、s-on です。
    relockして、RUUで初期化してみる、違うRUUで試す、cwmでフルワイプなどいろいろしてみたのですが、どうしてもFAILED (remote: 99 unknown fail)が出てしまいます。また、RUUを自作して当ててみたのですが、なぜか
    unlock+s-onなのにチェックが通ってしまい、文鎮化しかけました。
    もう、facepalmは諦め、DirtyRacunでやるしかないのでしょうか?(できればやりたくないです)。
    また、92 supercid!をもう一度出すことなどは可能でしょうか?
    長文、駄文で申し訳ないのですが、ご回答頂けると嬉しいです。

    評価 : Thumb up 0 Thumb down 0

この記事にコメント