evitas-off

新S-OFF方法「FacePalm」をやってみた。S-OFFせずにSuperCIDに出来る機種は全て対応 (HTC速報Dev)

deluxeu1

先日「MicroSDカードスロットが無いDROID DNA / One XLのS-OFFが成功 (HTC速報Dev)」の記事を書きましたが、それをやってみたのでメモ書きをしたいと思います。

[S-Off] Facepalm S-Off for HTC Devices One S, One XL, Droid DNA

http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2155069

[S-Off] Facepalm S-Off for HTC One XL

http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2155071

自己責任でお願いします。 

公式対応している機種は以下の通り

  • DROID DNA – MONARUDO (PL83200)
  • One XL (AT&T One X) – EVITA (PJ83XXX)
  • One S – VLE (PJ401XXX)

公式対応していないが、恐らく可能と思われる機種(この方法でS-OFFが出来る機種)は以下の通り

プラットフォーム:HBOOT-8960 プラットフォーム:HBOOT-8064
  • One XC – JEL_DD (PL06100)
  • DROID Incredbile 4G LTE – FIREBALL (PJ53100)
  • HTC J – VALENTEWX (PK07100)
  • HTC J (Z321e) – VALENTEWXC9 (PK07110)
  • EVO4GLTE – JEWEL (PJ75100)
  • One XL (TD-LTE対応版) – EVITA_UTL (PJ83500)
  • HTC J butterfly – DELUXE_J (PL99100)
  • Butterfly (X920d) – DELUXE_UB1 (PL99110)
  • BUTTERFLY (X920e) – DELUXE_U (PL99300)
  • INFOBAR A02 – IMPRESSION_J (PM65100)

今回はDirtyRacunではなくこの方法で、HTC J butterfly – DELUXE_JをS-OFFしてみたのでメモ書きしておきます。

必要事項は次の通り

  • UNLOCKED済み
  • root(SuperSUインストール)取得済み
  • mmcblk0p5又はmmmcblk0p4を編集し、SuperCIDにしている事
  • その機種のRUUが有る事(未署名でもOK?)

必要ファイル

SuperCIDにする

これについては、各機種によりますが管理者権限(root)でプラットフォームHBOOT-8960の機種はmmcblk0p4を、プラットフォームHBOOT-8064の機種はmmcblk0p5が影響が有るCIDの記述ブロックとなっており、それをバイナリエディタなどで編集後、管理者権限で書き直せばSuperCID化を行う事が出来ます。

htl21root1

(ここでは関係ありませんがXXXはIMEI/ZZZはMEIDです。)

元々の状態は機種によって違うと思いますが1111111の部分がSuperCIDで、これを書き込めばS-OFFでなくてもSuperCID化が行えます。

S-OFFまでの手順

リンク先のXDAでOneXL/DNA/OneSのRUU(イメージのみ)は配布されていますが、その他の機種はそこでは配布されていませんので、検索し自分に合ったRUUを見つけ、RUUイメージ(rom.zip)を取り出してfastboot.exeと同じ場所に配置しておきましょう。

序に、必要ファイルの中にあるsoffbin3もadb.exeと同じ場所に置いてください。

  • 1) 本体を起動し、デバッグモードをONにしてください

その後、以下のコマンドでFASTBOOTモードを起動します。

adb reboot bootloader

  • 2) RUUモードを起動します。

fastboot oem rebootRUU

  • 3) RUUのエラーを誘発する為に一度フラッシュします。

fastboot flash zip (RUUイメージの名前).zip

すると、「FAILED (remote: 92 supercid! please flush image again immediately)」とエラーが出ますのでbootします。

fastboot oem boot

HTC J butterflyでの実行結果ですが以下のように流れます。
c:\adb\DLX_J>fastboot oem boot

(bootloader) pm8921_vreg_disable function, vreg_id = 14
(bootloader) Boot/Recovery signature checking…
(bootloader) TZ_HTC_SVC_HASH ret = 0
(bootloader) setup_tag addr=0x80600100 cmdline add=0x00324628
(bootloader) TAG:Ramdisk OK
(bootloader) TAG:skuid 0x32E01
(bootloader) TAG:hero panel = 0x940064
(bootloader) TAG:engineerid = 0x0
(bootloader) TAG: PS ID = 0x0
(bootloader) TAG: Gyro ID = 0x1
(bootloader) Device CID is super CID
(bootloader) CID is super CID
(bootloader) Backup CID is empty
(bootloader) setting->cid::11111111
(bootloader) serial number: FA2CNS503317
(bootloader) commandline from head: console=ttyHSL0,115200,n8 androidboot
(bootloader) .hardware=dlxj user_debug=31
(bootloader) command line length =798
(bootloader) active commandline: poweron_status=1 reset_status=0 board_de
(bootloader) luxe_j.disable_uart3=0 diag.enabled=0 board_deluxe_j.debug_u
(bootloader) art=0 userdata_sel=0 androidboot.emmc=true androidboot.pages
(bootloader) ize=2048 skuid=0 ddt=20 ats=0 androidboot.lb=1 td.sf=1 td.t
(bootloader) d=1 td.ofs=328 td.prd=1 td.dly=0 td.tmo=300 hlog.ofs=628 un.
(bootloader) ofs=694 imc_online_log=0 androidboot.efuse_info=SFSL androi
(bootloader) dboot.baseband=1.00.10.1127_3 androidboot.cid=11111111 andro
(bootloader) idboot.devicerev=3 color_ID=BLK00 androidboot.batt_poweron=g
(bootloader) ood_battery androidb
(bootloader) aARM_Partion[0].name=misc
(bootloader) aARM_Partion[1].name=recovery
(bootloader) aARM_Partion[2].name=boot
(bootloader) aARM_Partion[3].name=system
(bootloader) aARM_Partion[4].name=local
(bootloader) aARM_Partion[5].name=cache
(bootloader) aARM_Partion[6].name=userdata
(bootloader) aARM_Partion[7].name=devlog
(bootloader) aARM_Partion[8].name=pdata
(bootloader) aARM_Partion[9].name=extra
(bootloader) aARM_Partion[A].name=radio
(bootloader) aARM_Partion[B].name=adsp
(bootloader) aARM_Partion[C].name=dsps
(bootloader) aARM_Partion[D].name=radio_config
(bootloader) aARM_Partion[E].name=modem_st1
(bootloader) aARM_Partion[F].name=modem_st2
(bootloader) aARM_Partion[10].name=cdma_record
(bootloader) aARM_Partion[11].name=nfc_record
(bootloader) aARM_Partion[12].name=reserve
(bootloader) partition number=19
(bootloader) Valid partition num=19
(bootloader) setting_get_bootmode() = 9
(bootloader) smem 8CF04000 (phy 8CF04000): TZ_HTC_SVC_UPDATE_SMEM ret = 0
(bootloader) TZ_HTC_SVC_ENC ret = 0
(bootloader) Start Verify: 3
(bootloader) TZ_HTC_SVC_ENC ret = 0
(bootloader) TZ_HTC_SVC_DISABLE ret = 205643776 (0xC41E000)
(bootloader) Start Verify: 3
(bootloader) jump_to_kernel: machine_id(4201), tags_addr(0x80600100), ker
(bootloader) nel_addr(0x80608000)
(bootloader) ——————-hboot boot time:79961 msec
FAILED (status read failed (Too many links))
finished. total time: 2.962s

通常起動している状態ですので、次にsoffbin3を実行します。

adb push soffbin3 /data/local/tmp/
adb shell chmod 744 /data/local/tmp/soffbin3
adb shell su -c "/data/local/tmp/soffbin3"

画面上ではSuperSUの実行確認画面が出ていると思いますので、許可をします。

その後、以下のコマンドでFASTBOOTを起動しましょう。

adb reboot bootloader

そうすると、S-OFFが完了しています。

とても簡単にかつスムーズに行う事が出来、とても重宝しますね。

DROID DNAについてはHTC J butterfly同様アンロックが出来ず、アップデート後にはSuperCIDにする事が出来ない+CIDの書き換えが対策されている可能性が大なのでアップデートを行ってしまった人は不可能となりますが、その他の機種はアンロック可能ですしこの方法が対策されるまではS-OFFが可能でしょう。

HTCの機種を復旧やカスタムを行う場合はS-OFFをしているととても扱いやすくなりますのでとても嬉しいニュースでしたね!

One VやDesire Xの対応もこのツールを作ったチームの代表であるJcase氏は述べていますので、期待して待ちましょう!

追記 2013/03/01/22:21

最初記載していたsoffbin3はICSに非対応だったと言う事で、リンクを差し替えました。

コメント有難うございました

この記事は内部情報を調べたり改造を行うユーザー向けの記事(HTC速報Dev)となっています。
HTC速報Devに記載している事を行う場合は自己責任でお願いします。