batterywifi

ワイモバイルで新規一括0円、月額540円の「Battery Wi-Fi」 のSIMカードをHTCスマートフォンで使う ― ソフトバンクのエリアを安価に快適に

ワイモバイルで現在販売中のBattery Wi-Fi MF855だが、現在ワイモバイル公式オンラインストアで新規契約一括0円、ワイモバイルで既存回線を持っていれば月額540円と言う大変リーズナブルな内容で販売が行われている。

batterywifi2

このBattery Wi-Fi MF855と言う製品は、中国市場で瞬く間に力を付けているXiaomi傘下の会社のZMIが製造している製品で、製品自体は7,800mAhのモバイルバッテリーにルーター機能を付けたと言うもの。

近頃では珍しく、SIMロックフリーとなっており対応周波数の範囲でNTTドコモやその他で利用することが可能だ。

SIMカード

simfree_htc

今回は製品ではなく、同時契約のSIMカードに焦点を当てたい。

SIMカードはY!mobileのデータ専用で、容量1GBのSIMカードとなる。

エリアはSoftBankとほぼ同等となり、IMEI制限等も無い。

Battery Wi-Fi MF855の付属SIMはMicroSIM (3FF)となるため、一部のHTCスマートフォンではSIMカードのカットが必要となる(自己責任で行ってください。)が、海外販売のHTCスマートフォンとSoftBankのSIMカードは何かと親和性が高いモデルが殆どな為、ワイモバイルで既存回線を所持していれば月額540円で軽く通信したい時に持てるソフトバンクSIMと考えると、とても扱いやすい物なのではないだろうか。

NTTドコモやauが主力の格安SIMカードだが、何かと海外のHTCスマートフォンとは周波数の面で親和性が低く、エリアも満足に使えないことが多い。

またSMSに対応しているSIMカードなので、NTTドコモ系のMVNO SIMのようにSMS未契約であるとアンテナピクトが表示されないような事象もこのY!mobile SIMでは発生しない。

いつまでこのキャンペーンが行われているか不明であるため、早い者勝ちである感は否めないが、ソフトバンク網をより安価にフルに活用することが出来るSIMカードでHTCスマートフォンを満足に利用することをお勧めしたい。

対応機種について

htv32_front

対応機種については、こちらの製品ページのように機種個別ページ(製品データペース)にて随時更新するつもりではありますが、更新が追いついておりません。

所持しているHTCスマートフォンが対応しているかどうか等の相談は以下のコメント欄でご相談ください。

備考

ソフトバンクモバイルサービス周波数
地域 LTE / 4G 3G
主要サービス
  • B1
  • B3
  • B8
  • B41
  • 2100
  • 900
一部サービス(予定含)
  • B28
  • B42
Y!mobile APN
APN plus.acs.jp
ユーザー名 ym
パスワード ym
認証タイプ CHAP


Amazon