最終更新 2013/6/8/4:18

SIMフリー化には以下の2種類が存在します。

片方を行うだけで大丈夫です。

SIMフリー化

本来以下のMODで仮SIMフリー化を行っていましたが、個体によって利用出来なかったりする為に此方の方法を推薦しています。

auの機種で原因となっているベースバンドファイル(radio.img)はS-OFFでないと書き換えられません。

ですのでS-OFFを行っている機種で行ってください。

台湾/香港版ベースバンドファイルRUU

http://www.mediafire.com/?7z1eh27t2r6a3gr

RUU形式で梱包しているので、RUUとしてフラッシュして下さい。

仮SIMフリー化

MODを使ったSIMフリー化を記載しています。

この方法は、takoさんのブログを読んでいただくと解ると思いますが、本来S-ONでは書き換えられないSIMロックの原因となっているau版のベースバンドファイル(radio.img)を台湾/香港版のベースバンドファイルになんとか読み込ませる為にユーザーデータ領域に配置し、カーネルイメージを編集して台湾/香港版のベースバンドファイルを無理やり読み込ませると言う手法を行っています。

HTC J Sense4.1 Beta4 HKROM,2.05.970.3 StockROM共用 WCDMA Enabler(仮SIMフリー化) – 21.8MB

[Download]

HTC J Sense4.1 Beta4 HKROM,2.05.970.3 StockROM共用 CDMA2000 Enabler – 6.8MB

[Download]

元のauで通信を行いたい方は上記のCDMA2000 Enablerをリカバリーからフラッシュして下さい。

上記のWCDMA Enabler,CDMA2000 Enablerを適用した場合、一度起動時に自動的に再起動を行われますがそれは通常動作ですのでご安心下さい。

WCDMA Enablerについては、@tako0910さんの以下のブログで行っているスクリプトを利用させてもらっており、手動で行わなければならない事を以上のMODをフラッシュするだけで適用できる自動化を行っています。

仮WCDMA化(仮SIMフリー化)を行うに当たっての注意

  • S-OFFの場合はMODは必要なく、MOD利用せずにradio.imgを書き込むWCDMA利用可能化(SIMフリー化)を行った方が確実です
  • WiMAX Enablerを適用している状態でWCDMA Enablerは不具合の原因になるため適用をせず、Disablerを適用後WCDMA Enablerを適用してください。
  • HK版カスタムROMで利用する場合は確実に「Beta4」以上で利用すること。
  • 純正状態で利用する場合は「2.05.970.3」バージョンのシステムで利用すること。

各MODの適用順序

auの純正システムでSIMフリー化をしたい

  1. SIMカードを抜く
  2. RUUを当て、rootkit内に入っているリカバリーを導入する 又は StockROMをフラッシュする。
  3. フラッシュした後、一度通常起動をする(/data領域を作成する)
  4. 電源を落とし、リカバリーモードを立ち上げる
  5. WCDMA Enablerをフラッシュする(再起動後、一度自動で再起動がかかる)
  6. 起動後、SIMフリー化が行われている

香港カスタムROMでSIMフリー化をしたい

  1. SIMカードを抜く
  2. HKROM(beta4以上)をフラッシュする。
  3. フラッシュした後、一度通常起動をする(/data領域を作成する)
  4. 電源を落とし、リカバリーモードを立ち上げる
  5. WCDMA Enablerをフラッシュする(再起動後、一度自動で再起動がかかる)
  6. 起動後、SIMフリー化が行われている

元に戻したい(auで使いたい)

  1. SIMカードを抜く
  2. リカバリーでCDMA2000 Enablerをフラッシュする。(再起動後、一度自動で再起動がかかる)
  3. 起動後、auで使える

香港カスタムROMでWiMAXを利用したい

  1. HKROM(beta4以上)をフラッシュする。
  2. フラッシュした後、一度通常起動をする(/data領域を作成する)
  3. Sense4.1の設定を調整する(キーなど)
  4. 電源を落とし、リカバリーモードを立ち上げる
  5. WiMAX Enablerをフラッシュする(再起動後、一度自動で再起動がかかる)
  6. 起動後、WiMAXが使えるようになっている

元に戻したい

  1. リカバリーでWiMAX Disablerをフラッシュする。
  2. 起動後、WiMAXが使えなくなる。

別の環境にしたい場合は、確実に「元に戻す」手順を踏んでから行ってください。(直接行うと不具合の原因になります。)

PC表示 モバイル表示