dotview_M8_2shot

HTC Dot View Caseを数日使ってみた感想、及びフォトレビュー!

dotview_M8_2shot

こんにちは、ぴけぴけです。

先日管理人様よりDot View Caseを頂き、実際に数日使ってみました。気に入った点や気になるところを写真を交えてレビューしていこうと思います。

本体の外観

dotview_package

パッケージです。非常に簡素な作りで、開封に手こずることなく容易に取り出すことが出来ました。

dotview_solo_top dotview_solo_close

本体前面。左側にHTCのロゴが入っていますね。HTC好きとしてはこういう細かなところで純粋に惹かれますよね。

dotview_top

M8に装着するとこんな感じです。わけあって蓋が浮いてますがそれについては後述します。

dotview_solo_open

開いた状態です。

手を離すと自動で閉じます。蓋を閉じる手間が省けるのでそういう点では便利だと思いますが、片手で操作しようとなると裏に折り曲げたりしなければなりませんし、その状態では少々持ちづらく感じます。

本を持つような感じで両手で扱う分には安定感があります。

dotview_open

ただ、うっかり落とした時にガラス面への直接的なダメージは防げそうです。

dotview_magnet

HTCロゴのある裏辺りに磁石があるようです。これを使って画面のオンオフを判断しているのだと考えられます。

dotview_side

側面。四隅と蓋との付け根部分だけが覆われている形になっているので、音量ボタンのある面はむき出しです。

dotview_bottom

カバーを付けた状態でも各種ボタン・端子類にフルアクセスが可能です。

裏面にもHTCのロゴがあります。

初見、どこかで見たことある感じだなぁと思っていたのですが、アジア版付属の純正ケースが似たような質感・外見でした。

向こうはシリコン製で、こちらのDot Viewのほうがスベスベ感があります。

開封したところ既に傷が入っていたりと、どちらも引っ掻きキズには弱そうなので神経質な方は注意が必要かもしれません。

使用方法

dotview_sleep_button

カバーを閉じた状態でスリープボタンを押すことで、Dot Viewで時間や天気を見ることができます。

また、カバーの上からダブルタップなどのMotion Launch ジェスチャーを行うことでも利用ができます。

縦方向になぞるとボイスダイヤルが起動するようになっていますね。

dotview_time_weather

時間・天気・気温の表示

dotview_time_sc

実際はDot View Caseの穴を通して見ているだけなので、この状態でスクリーンショットを撮るとこうなっています。

dotview_call

上の写真は私「ぴけぴけ」名義で登録した別回線の番号から着信させてみた様子です。ケースの上から「上方向になぞると応答」「下方向になぞると拒否」します。通話中は下方向になぞると終了できます。

日本語に対応しており、着信してきた相手の名前が一文字ずつ順番に表示されます。もちろん漢字にもしっかり対応していました!密度の高い漢字でも難なく表示できてます。

保護ガラスを貼っていると…

dotview_spigen_glass

自分の使用しているM8はSPIGENの保護ガラスを貼っています。

どうやらDot View Coverはかなりピッタリに作られているらしく、ガラスを貼っていると蓋の付け根で干渉してしまって綺麗に閉じてくれませんでした。

この状態では蓋が浮いているので、蓋が開いていると認識されて画面が付いてしまうことがあります。

保護フィルムの場合は問題ありませんが、普段から保護ガラスを利用している方は注意が必要です。

m8dotviewcover1
スペック
縦 x 幅 x 厚さ 180 x 73 x 12.6 mm
カラー
  • Warm Black
  • Imperial Blue
  • Orange Popsicle
  • Baton Rouge

Source:HTC