Verizon Wireless販売「Desire 612」が思ってたより良かった話など

a3qhdclp5

先日こちらのようなVerizon Wireless販売”Desire 612”の簡易紹介レビューの記事を記載しましたが、利用してみると結構思ってた物と違うので改めて書きたいと思います。

Verizon Wireless販売・専売デザインのスマートフォン

a3qhdclp4

Verizon Wireless販売のスマートフォンは良くも悪くも特徴的な物が多く、レッドカラーにチェックマークが目印となっていますが、メーカーとの本体の開発に多く資金を投入している印象が有ります。

今回購入した「Desire 612」については既にVerizonが販売を行っている今年のモデルのHTC One (M8)やHTC One (M8) for Windowsとは違い、実は今年最初のHTC向けVerizon系列専売デザインのモデルとなっていますが、普及機として販売されている以上ベース機(Desire 610)と同等系列と扱われている模様。

a3qhdorange

Desire 610

ベース機となる「Desire 610」とは基本的な設計は同じな物の、デザインは多く変更点が見られます。

a3qhdclp2

「試しに買ってみるか」程度で、私自身ベースとなった「Desire 610」自体もあまりいい印象は持っていなかったのですが、「Desire 610」の実機を見ていないので決定的な事は言えないものの、同等より1ランク上の「Desire 816」を触って今回の「Desire 612」と比較した感想としては、「Desire 612」の廉価機としての作りの良さに少し驚いています。(少なくともDesire 816よりは良い気がします。)

利用しているディスプレイでも「Desire 610」のより良いモデルの方(qHDディスプレイモデル)をベースとして採用し、前面のデジタイザガラスの広さと側面のゴム質のラインが全体のブラックカラーとレッドラインの組み合わせて悪くない印象が有り、このデザインでグローバルモデルとしても出してほしいと思ってしまいますね・・・。

廉価機としての安さ

a3qhdclp1

スマートフォンを購入するにあたっての悩ましい点は価格ですが、この「Desire 612」はVerizonとの2年契約で0米ドル・契約なしで299.99米ドルにて各所で販売が行われています。

新品の価格がそのような安さなので、eBayなどで中古品を確認するともう少し安くなっていますね。

また、米国内で利用する場合はVerizon Wirelessのネットワークを余すことなくフルに使えますので、とてもコストパフォーマンスが良いスマートフォンに感じます。

動作や対応周波数

a3qhdclp3

「Desire 612」に搭載されているOSは”Android 4.4.3 with Sense 6.0”となりますが、画面解像度がqHDである事や動作には申し分が無いSnapdragon 400のクアッドコアプロセッサを搭載している事によりHTC One (M8)の動作に””若干””程度なレベルで劣る位で、通常利用には申し分が無いレベルとなっていました。

また、メディア再生に優れているデュアルスピーカー機能の「BoomSound」がこのモデルにも搭載されており、2014年度のHTCが提供している機能を多く利用出来ます。

SIMロックフリーであるものの、日本で利用出来る対応周波数はグローバルローミング非対応な廉価機であるため、CDMA2000の800MHzのみでデータ通信は不可能であり、通話のみの利用となる事からデータ通信はWiFiでの利用となってしまう所が若干悲しい点ではあります。

うーん。是非このスマートフォンで快適にモバイルネットワークを使いたい所ですが、Wi-Fi利用で我慢するしかありませんね・・・。

Verizon Wirelessユーザーが羨ましい!

機種個別ページへ
a5orangebanner
HTC Desire 610 : A3 (ATE) / A3QHD (AHD)