HTC USA管轄、米Verizonオリジナルモデル「Desire 612」を入手、”妥協をしていない”廉価モデル

a3qhdcltop

HTC USA管轄の米国の通信事業者”Verizon Wireless”から2014年の10月に販売が開始された廉価モデルの「Desire 612」を入手したので軽い概要やレビューの記事となります。

モデルの概要

a3qhdcl
概要(ベーススペック)
ペットネーム Desire 612 コードネーム A3QHD#CL
ボードネーム A3_CL 略称コードネーム AHD#CL
シリーズ名 0P9O Series メーカー型番 0P9OXXX
キャリア型番 HTC331ZLVW モデル型番 HTC331ZLVW
プラットフォーム hTCBmsm8226
発売日 本体価格
基本仕様
OS Android 初期出荷OSバージョン Android 4.4.3
初期Senseバージョン Sense 6.0
SoC Qualcomm Snapdragon 400 動作周波数・コア数 1.2 Ghz / クアッドコア
GPU Adreno 305
RAM 1GB (DDR3) ROM 8GB
カメラ 800万画素, BSI sensor, f/2.4 インカメラ 130万画素, BSI sensor
MicroSDスロット あり SIMスロット形状 nanoSIM
バッテリー容量 2040mAh バッテリー取り外し 不可
ネットワーク
ネットワーク:3.9G LTE 700(B13)/1700(B4) MHz データ通信:3.9G FDD-LTE
ネットワーク:3G CDMA2000 800/1900 MHz データ通信:3G EV-DO Rev.A
ネットワーク:2G × データ通信:2G ×
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n (2.4 GHz) Bluetooth v4.0 with aptX™
サイズ
縦 x 幅 x 厚さ 143.1 x 70.5 x 9.6(mm) 重量 143.5g
ディスプレイ
サイズ 4.7インチ 解像度
  • 960 x 540 (qHD)
  • オンスクリーンキー
種類 SuperLCD2 液晶 パネルID(液晶製造元)
その他機能
赤外線 × 防滴 ×
サウンドエンハンサー BoomSound ステレオスピーカー
RFID NFC SIMロック なし
カラーラインナップ
カラー Black (Desire 612)

”HTC Desire 612”は2014年度にHTCが販売しているクアルコムプロセッサを搭載し、フラッグシップな最廉価モデルとなる”Desire 610”がベースとなったVerizon Wireless専売モデルとなります。

a3qhdorange

Desire 610

ベースとなったモデルはディスプレイがFWVGA解像度のモデル(A3)ではなく、ディスプレイがqHD解像度のモデル(A3QHD)であり、FWVGA解像度のモデルより鮮やかに色を映し出している印象が有ります。

その他デュアルスピーカー(BoomSound)やSense 6.0などのHTCのスマートフォンと言う事が解る機能が搭載されています。

本体の質感は、一つランクが上となる”Desire 816”ほど廉価チックな物では無く、私が想像してたよりはガッチリとした携帯電話と言う事が自分の手で触れてから解りました。

バッテリーが内臓式になっている事により、裏蓋開閉などは行わないモデルだから実現出来た事なのか、国内向けに販売されているHTC J ISW13HTよりはガラスやプラスチックの仕上げなど確実にしっかりと作られている印象を受けました。

全体のカラーはブラックですが、背面は鏡面仕上げなピアノブラックとなっており、質感は悪くないと感じました。

Verizonがブランドとしている”DROIDシリーズ”では無い物の、レッドとブラックのVerizonカラーとなり、Desire 610と比べ横枠やスピーカー部など若干デザインの変更が行われ、同キャリアから過去に販売されていた「DROID Incredible 4G LTE」のサイズ感が好きだったユーザーの乗り換え先としてぴったりに感じます。

htc-droid-incredible-4g-lte[1]

2012年度販売、DROID Incredible 4G LTE

ただしグローバルローミングに対応していない為、SIMロックフリーではありますがGSM/WCDMAは利用出来ず、CDMA2000についても基本的にはVerizonネットワークでのみしか動作が不可能です。

米国内ではVerizon Wirelessのフルネットワークが利用出来、Verizonが掲げている”XLTE”規格にももちろん対応しています。

価格は2-year Contractで0米ドル、No Contract(契約なし)で299.99米ドル(約34889円)で販売されています。

 パッケージ

a3qhdcl1

パッケージ。 側面には”Desire 612”と記載が有り、Verizonが指定しているオリジナルのデザインボックス。

a3qhdcl2

パッケージの背面。注意事項や商標・内容物について記載。

a3qhdcl5

Desire 612本体。 見えにくいが、上部には”Verizon”ロゴ、下部には”HTC”ロゴ。

a3qhdcl4

ディスプレイ消灯

a3qhdcl6

背面。各ID等のシールが貼り付けてあるが、基本的には剥がす物。上部にはLEDフラッシュとカメラ、下部にはVerizonと4GLTEロゴ。

a3qhdcl7

斜め上から。 イヤホンジャックなどが確認でき、横の赤い部分はゴム質となっている。

a3qhdcl8

斜め下から。右下にはUSB差込口。

a3qhdcl9

左:HTC Desire 612 / 右:HTC J butterfly 2 HTL23。意外と大きさは近い。

a3qhdcl10

背面。

最後に

このモデルは「Desire 610をVerizonの指示によりカスタマイズした物」で間違いは無いのですが、Desire 610よりはこのVerizon専売モデルの方が格好いいと言う声をよく耳にしました。

ロゴがとても大きい事や、ブロートウェアの問題があるとしてもキャリアの指示と金が積まれたモデルもVerizonのカスタマイズモデルを見ていると悪くないなと感じますね。

HTC Desire 612 | Verizon Wireless

HTC Desire 612 with XLTE and BoomSound Audio Available Oct. 9 | Verizon NEWS CENTER

HTC Desire 612 Specs and Reviews | HTC United States

追記→Verizon Wireless販売「Desire 612」が思ってたより良かった話など

機種個別ページへ
a5orangebanner
HTC Desire 610 : A3 (ATE) / A3QHD (AHD)