パッケージ

日本向けSIMロックフリースマートフォン「HTC Desire EYE」を開封、HTCグローバル準拠の仕上がりに

HTC Desire EYEを発売日に購入を行いますが、先行で前回のブロガーイベント向けでお借りしたので開封記事を一足先に記載します。

HTC Desire EYE 日本向け

eyeunbox3

Desire EYE 化粧箱表面

日本向けDesire EYEはSense 7を初期搭載しているので化粧箱の本体もSense 7で印刷されています。

Desire EYE 化粧箱背面

Desire EYE 化粧箱背面

日本語で全てのスペック表が記載。グローバルで販売されているスマートフォンと記載ルールは全く同じなので、日本語で書かれていると何か変な感じがしますね (^^;)

開封。

開封。

開封すると”HTC Desire EYE”本体が顔を出します。

eyeunbox6

受け皿を取り外し

受け皿を取り外すとACアダプタやUSBケーブル、イヤホン、セットアップガイドなどが入っています。

eyeunbox7
ACアダプター。

ACアダプター。

ACアダプタ(TC U250)の裏の刻印は完全に日本向けの刻印になっています。

セットアップガイド。

セットアップガイド。

セットアップガイドに利用できるモバイルネットワーク周波数が細かく書かれている。

セットアップガイドに利用できるモバイルネットワーク周波数が細かく書かれている。

この表はグローバルにも無いためとても親切に感じました。ただ、TD-LTEであるBand41については日本では色々と面倒な状況なためか割愛されています。

Band41であるSoftBank AXGPには接続を確認しているので安心して頂きたいです。

Desire EYE 表。

Desire EYE 表。

Desire EYE背面。

Desire EYE背面。

グリップ。 Sense 7

グリップ。 Sense 7

グリップ。背面

グリップ。背面

中身の使用感などはHTC M9など、HTCになじみが有るユーザーは全く変わりが無く利用できます。

中身がSense 7だと最新モデルと言われても遜色なく利用できるので良いですね。

HTC Desire EYE : Amazon