aerotop

10月20日 HTCプレスイベントでの公開が濃厚なコードネーム「HIMA_AERO」、「HTC One A9」の発表前事前情報まとめ

グローバル管轄のHTCが10月20日にプレスイベントを予告しており、そのプレスイベントで公開される事が濃厚な「HTC One A9」コードネーム「HIMA_AERO」の事前情報を予め纏めとして掲載しておきます。

HTC One A9はHTC One M9と同等レベルでグローバルに販売されると考えられるスマートフォンで、大きくなる傾向が有る最近のスマートフォンの中では小ぶりになるようです。

事前情報スペック

概要
ペットネーム HTC One A9 コードネーム HIMA_AERO#XXX
ボードネーム HIMA_AERO#XXX 略称コードネーム HIO#XX
シリーズ名 2PQ9 Series メーカー型番 2PQ9XXX
キャリア型番 A9 モデル型番 A9
プラットフォーム 調査中
発売日 本体価格
基本仕様
OS Android 初期出荷OSバージョン Android 6.0
初期Senseバージョン Sense 7.0
SoC Qualcomm Snapdragon 617 MSM8952 動作周波数・コア数 1.5GHz Octa-Core
GPU Adreno 405
RAM 3GB ROM XXGB
カメラ
  • 1300万画素
インカメラ 400万画素
MicroSDスロット あり SIMスロット形状 nanoSIM
バッテリー容量 2150mAh バッテリー取り外し 不可
ネットワーク
ネットワーク:3.9G LTE データ通信:4G FDD / TDD
ネットワーク:3G WCDMA,CDMA2000 データ通信:3G
ネットワーク:2G GSM データ通信:2G
Wi-Fi  EEE 802.11 a/b/g/n/ac Bluetooth
通話 VoLTE / 3G / 2G
サイズ
縦 x 幅 x 厚さ 重量
ディスプレイ
サイズ 5インチ 解像度 1920 x 1080 (FHD)
種類 Super AMOLED パネルID(ディスプレイ製造元)
その他機能
赤外線 防水・防塵
オーディオテクノロジー Dolby Audio ステレオスピーカー ×
RFID NFC その他 指紋認証
カラーラインナップ
カラー Acid Gold / Opal Silver / Deep Garnet / Carbon Gray / Rose Gold / Cast Iron

スペックを確認するとAndroid 6.0を搭載しているとの事により、このまま上手く行けばAndroidスマートフォンメーカー初のAndroid 6.0初期搭載スマートフォンの発表になるのではないでしょうか。

HTCが久しくグローバルモデルで採用を行っていなかった有機ELディスプレイの搭載も期待され、アクセサリーのDotView利用時などの消費電力も抑えられそうです。

またこのデザインでSDカードスロットが搭載されているのも利点ですかね。

既に台湾の認証機関であるNCCや各米国向けキャリアモデルが米国の認証機関FCCにて通過・掲示されており、発売が近い事を感じることが出来ます。

また、プレス画像での時計表示等を見るにHTC Sense 7の大幅更新も行われている可能性が有りますね。

カラー参考

evleaks氏より

Rose Gold

Rose Gold

aero3

実機参考

aero2

Acid Gold

evleaks氏によると「HTC One A9」は11月上旬に米国の通信キャリアSprintが先行販売し、その後続々とグローバルにて販売が行われていくとの事。

実売価格はヨーロッパのキャリア「Orange」で既にフライング公開されてしまい、600ユーロで販売されると掲示が有ったようです。

600ユーロは日本円で83000円ほど。ただ税金等が有ると考えるとするとアメリカ向けは650USD周辺で販売されれば嬉しいですね。

 

プレスイベントの模様は以下のページにて日本時間2015年10月21日午前1時からライブ配信が行われます。

HTC Launch | HTC United States

「HTC One A9」の全貌が明らかになるのが楽しみですね!