20160430_165200 copy

「HTC 10」グローバルモデル 開封の儀!

4月12日に発表された、HTCの2016年フラッグシップモデル、HTC10を購入しましたので紹介したい。

搭載しているスペックは2016年機で並べた場合でも遜色が無い最高スペック。

スペックは以下の通り。

概要
ペットネーム HTC 10 コードネーム PERFUME#XXX
ボードネーム htc_pmexxx 略称コードネーム
シリーズ名 2PS6 Series メーカー型番 2PS6XXX
キャリア型番 M10x モデル型番 M10x
発売日 本体価格
基本仕様
OS Android 初期出荷OSバージョン Android 6.0.1
初期Senseバージョン Sense 8.0GP
SoC Snapdragon 820

MSM8996

動作周波数・コア数 Quad-Core 64bit 2.2Ghz
GPU
RAM 4GB ROM 32GB/64GB
カメラ
  • 1200万画素
  • UltraPixel 2 (1.55μm)
  • レーザーオートフォーカス
  • BSIセンサ
  • 光学手ぶれ補正
  • f/1.8, 26mm
  • 4K video with Hi-Res撮影
  • IMX
インカメラ
  •  500万画素 (1.34μm)
  • オートフォーカス
  • BSIセンサ
  • OIS
  • f/1.8 23mm
MicroSDスロット あり (最大2TB) SIMスロット形状 nanoSIM
バッテリー容量 3000mAh バッテリー取り外し 不可
ネットワーク (現状掲載の物)
4G (Asia/Europe) 1/3/5/7/8/12/20/28/32/38/40/41 データ通信:LTE FDD/TDD Cat.9
4G(America) 1/2/3/4/5/7/12/13/17/20/28/29/30 データ通信:LTE FDD Cat.9
4G(Japan) 1/3/5/7/13/17/19/21/26/38/41 データ通信:LTE FDD/TDD Cat.9
3G 850/900/1900/2100 データ通信:WCDMA HSDPA/HSPA+
3G(America)
  • 850/AWS/900/2100
  • 800/1900
データ通信:WCDMA,CDMA2000
  • HSDPA/HSPA
  • EvDo Rev.A
2G 850/900/1800/1900 データ通信:GSM GPRS/EDGE
2G(Japan) 800/850/1800/1900 データ通信:GSM GPRS/EDGE
Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n/ac

(2.4/5GHz)

Bluetooth Bluetooth 4.2
通話 VoLTE / 3G / 2G
サイズ
縦 x 幅 x 厚さ 145.9 x 71.9 x 3.0 – 9.0mm 重量 161g
ディスプレイ
サイズ 5.2インチ 解像度 2560 x 1440(QHD)
種類
  • Super LCD 5
パネルID(ディスプレイ製造元) TIANMA
その他機能
赤外線 × 防水・防塵 IPX3 / IP5X
オーディオテクノロジー Dolby Audio™

Hi-Res

HTC BoomSound Hi-Fi Edition

ステレオスピーカー
RFID その他 USB Type-C
カラーラインナップ
カラー Carbon Gray、Ice Silver、TopazGold、Camellia Red

いざ開封

DSCF3404 copy

箱の形状は2015年度機である、HTC One M9やHTC One A9と同じ柄となっている。

DSCF3405 copy

開封すると…。

DSCF3380 copy

表側はラウンド加工になっていることにより、ガラスカバーをディスプレイに貼ると幅は液晶より小さくなります。

DSCF3400 copy

背面はもちろんアルミ素材で出来ており、今までと違うのが、ダイヤモンドカット

背面は湾曲していますが、ダイヤモンドカットもされているので、カーブ形状以上に持ちやすい形。

DSCF3397 copy

USB Type-CとQuick Charge 3.0に対応!右のスピーカーはウーファー。

DSCF3396 copy

フラッグシップではHTC One M7以来でイヤホンジャックを上部に配置。もちろん、ハイレゾに対応。

DSCF3395 copy

右側面は電源キーと音量キー。電源キーはギザギザなので、押し間違えない様な加工がされている。simトレーは右側に配置。

DSCF3394 copy

左側面はMicroSDトレーのみ。

DSCF3385 copy

物理キーではないものの、ホームキーが指紋認証。

指紋センサー兼ホームボタンです。OSレベルで指紋認証がサポートされているので、認識がとても速い。

登録している指を乗せれば即座にスリープから復帰し、長押しでgoogle nowが起動なのは今までと同じ。

左右のナビゲーションキーは、スクリーンがオンの状態で常時バックライトを点灯可能。

こちらの方が使い易い印象。

20160430_164943 copy

ステータスバーのアイコンも今回から一新されている。

そしてUltraSelfe!自撮りはしないので割愛します…。

DSCF3407 copy

SIMカードとSDのトレーですが、黒っぽい部分がゴムなので防水性があるのかなと思うが、特に公式からの発表はない。

DSCF3406 copy

付属品は、豪華です!

USB Type Cケーブル、Quick Charge 3.0対応チャージャーそして、ハイレゾ対応イヤホン。

過去フラッグシップ機と比べて

DSCF3403 copy DSCF3375 copy

M7。

液晶サイズが0.5インチ違うが、デザインは継承されている。

DSCF3378 copy

M8。

ほぼ同じサイズ。

HTC10の方が高級感がある印象に感じる。

DSCF3377 copy

M9と。

同じシルバーですが、落ち着いたシルバー。

M9は背面縁の加工で持ち難さがありますが、HTC10では解消されている。

DSCF3376 copy

A9と。

A9は使わないと10日ぐらいバッテリーは持つが、使い始めると…。

その所もM10では改善されている。

DSCF3381 copy

HTV31と。

日本でも発売が噂されているので、記念に。

最後に

買いか、買いじゃないかと聞かれれば、買いだと思う。

レスポンス、カメラ、バッテリー持ちそして、使い易さすべてが2015年機を上回っている。

何不自由なく使用できるのが、HTC 10。

Sense 8で初めてどこにでもアプリを配置できるフリースタイルレイアウト機能を装備している為、うまく利用すれば利便性は、より上がると感じた。

カメラ性能は個人差があるので、私の個人ブログでGalaxy S7との比較記事を参考に。