HTC 10 HTV32 / PME#UHL_JAPAN

HTCのグローバルフラッグシップ、「HTC 10」が日本市場で登場!限定モデル「カメリアレッド」を新色で追加

HTCのグローバルフラッグシップモデルとなる「HTC 10」が、本日開催された日本の通信事業者「au」の2016年夏モデル発表会「au発表会 2016 Summer~CHANGE!~」にて公開された。

今回公開されたモデルはあくまでも”Jシリーズ”ではなくグローバルで販売が今年度初頭から行われている「HTC 10」であり、日本市場で利用される「FeliCa」や「テレビ」などのカスタマイズが一切行われていないスマートフォンとなる。

スペック

概要
ペットネーム HTC 10 コードネーム PERFUME#UHL_JAPAN
ボードネーム htc_pmeuhljapan 略称コードネーム
シリーズ名 2PS6 Series メーカー型番 2PS6700
キャリア型番 HTV32 モデル型番 HTV32
発売日  – 本体価格  –
基本仕様
OS Android 初期出荷OSバージョン Android 6.0.1
初期Senseバージョン Sense 8.0GP
SoC Snapdragon 820 MSM8996 動作周波数・コア数 Quad-Core 64bit

2.2GHz×2+1.6GHz×2

GPU Adreno 530
RAM 4GB ROM 32GB
カメラ
  • 1200万画素
  • UltraPixel 2 (1.55μm)
  • レーザーオートフォーカス
  • BSIセンサ
  • 光学手ぶれ補正
  • f/1.8, 26mm
  • 4K video with Hi-Res撮影
  • IMX377
インカメラ
  •  500万画素 (1.34μm)
  • オートフォーカス
  • BSIセンサ
  • OIS
  • f/1.8 23mm
  • S5K4E6
MicroSDスロット あり (最大2TB) SIMスロット形状 au Nano IC Card 04
バッテリー容量 3000mAh バッテリー取り外し 不可
ネットワーク
4G(Japan) 1/3/5/7/13/17/19/21/26/38/41 データ通信:LTE FDD/TDD Cat.9
3G 850/900/1900/2100(ローミング) データ通信:WCDMA HSDPA/HSPA+
2G 800/850/1800/1900(ローミング) データ通信:GSM GPRS/EDGE
Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n/ac

(2.4/5GHz)

Bluetooth Bluetooth 4.2
通話 VoLTE / 3G(R) / 2G(R)
サイズ
縦 x 幅 x 厚さ 146 x 72 x 9.2mm (最厚部10.1mm) 重量 161g
ディスプレイ
サイズ 5.2インチ 解像度 2560 x 1440(QHD)
種類
  • Super LCD 5
ディスプレイ製造元 TIANMA
その他機能
赤外線 × 防水・防塵 IPX3 / IP5X
オーディオテクノロジー Dolby Audio™

Hi-Res

HTC BoomSound™ Hi-Fi Edition

ステレオスピーカー
テレビ × おサイフケータイ(FeliCa) ×
RFID (NFC Type B) その他 USB Type-C
カラーラインナップ
カラー カメリアレッド / カーボングレイ / トパーズゴールド
pmejpn_red

カメリアレッド / HTV32 for au

カーボングレー / HTV32 for au

カーボングレー / HTV32 for au

トパーズゴールド / HTV32 for au

トパーズゴールド / HTV32 for au

製品のあらすじ

前述のとおり、今回の日本向け「HTC 10」は”Jシリーズ”ではない、グローバルモデルと同等と位置付けられているモデルだ。

おおよそ製品概要はHTCがグローバルで出したプレスリリースを参照頂きたい。

HTC、2016年度フラッグシップモデル「HTC 10」を発表 ― プレスリリースやスペックなどを確認 | HTC速報

グローバル版と比較してカスタマイズが行われている点と言えば、au向けとする為のブロートウェアを追加し、対応周波数をグローバルモデル・北米モデルと更に分けて日本向けとした所、また新色としてレッドカラーとなる「カメリアレッド」を投入したのみとなる。

このレッドカラーについては、時期に台湾市場で販売が行われると噂されているが、初販売地域は日本となったため、限定モデルを羨む声が各地から聞こえてくると感じる。

また、「シルバー」モデルは日本では販売を行わない。

「au」向けのメーカー型番は兼ねてから知られているとおり、「2Ps6700」。

コードネームは「PERFUME#UHL_JAPAN」。

HTCを支持している中心層となる”ギーク”にこれでもかと言うような勢いで寄せて来た今回のモデルだが、いささか販売の動向は気になる上に過去の事象(HTC J One HTL22)により心配に感じる点が多い。

HTC J ISW13HT / "VALENTE"

HTC J ISW13HT / “VALENTE”

HTCは海外メーカーで初めて日本機能と呼ばれる「赤外線」「FeliCa/おサイフケータイ」「ワンセグ」を”HTC J ISW13HT”にて搭載したメーカーである。

そのメーカーが今回のモデルでいち早くFeliCaなどの機能を省いた事については衝撃的に思ったものの、省いた結果その他の面でいい方向に進むのであれば歓迎したい。

地方住まいだと「FeliCa」はマクドナルドのクーポンやEdy位でしか利用を行った事が無いし、テレビについてはその他で補完できるので、都内周辺以外であれば私個人としては特に問題が無いと思っている。

製品概要

HTC 10

HTC 10

今回公開されたau向け「HTC 10」は、”コストパフォーマンスが良い”スマートフォンであると言う内容で提供されている。

最近のスマートフォンは充電機などの付属品故障時、トラブルや修理手続きがスムーズに行えるよう「USBケーブル」や「ACアダプター」の同梱は極力行っていない。

その点で購入者から見ると別購入を強いられていた近頃だが、今回の「HTC 10」は「USB Type-Cポート」を採用し、混乱を避ける為「USBケーブル」と「ACアダプター」を同梱している。

HTC 急速充電器 3.0

HTC 急速充電器 3.0

HTC USB Type C ケーブル

HTC USB Type C ケーブル

USBケーブルはもちろん新規格となる差込時上下迷わない「Type C」端子であり、ACアダプターは国内で初となる「Quick Charge 3.0」に正式対応し、超急速充電が可能だ。

公称で「30分で50%」をグローバルで謡っているが、私自信がグローバル版にて実機検証した内容だと、1時間40分で100%になった。

バッテリー容量3000mAhで、実用し10時間ほどバッテリーが持っている中、これだけ充電が速いととても助かると感じた。

また、HTC製の「ハイレゾ対応」イヤホンも試供品として同梱している。

ブラック / カメリアレッド・カーボングレー付属

ブラック / カメリアレッド・カーボングレー付属

ホワイト / トパーズゴールド付属

ホワイト / トパーズゴールド付属

また、国内でも「Ice Viewケース」は”au +1 Collection”経由で正規販売し、特徴的なリッチデザインにて時間や通知を確認することが出来る。

Ice Viewケース / au +1 Collection販売

Ice Viewケース / au +1 Collection販売

その他にも新しいSense Home上の機能である「フリースタイルレイアウト」や「Boost+」などの機能が満載となっており、それらの機能やドコモバンドの詳細についても後ほど掲載したいと思っている。

今年のHTC NIPPONも是非頑張ってほしいと感じる事が出来たので、是非応援したい。