ツイーター(左チャンネル)

ハイレゾ対応の実力は如何に、au 「HTC 10 HTV32」サウンドレビュー

HTCこだわりのサウンド

サウンドにこだわるHTCの新たな試み、2種類の専用スピーカー。そしてパワーアップしたサウンドエンハンサーをご紹介いたします。

挑戦的な2種類の専用スピーカー

前面ステレオスピーカーだったBoomSoundは、高音用のツイーター(端末上部)と低音用のウーファー(端末下部)を別々に搭載する「BoomSound Hi-Fi Edition」に変化しました。

ツイーター(左チャンネル)

ツイーター(左チャンネル)

ウーファー(右チャンネル)

こちらはウーファー(右チャンネル)

高音・低音を分けるというスマートフォンとしては特殊な設計でありながら、これまで同様にステレオスピーカーとなっています。しかし、これは横持ちで利用すると音のバランスに違和感を感じてしまうという欠点があります。実際に聴いてみると左右のバランスが右に寄ってしまっているように感じました。ただ、音全体としては低音もしっかり響いており、空間全体に音を伝えるという点では迫力あるサウンドを楽しめるように思います。

※音が出ます。

動画では低音担当のウーファー側が音の主体であることが分かるかと思います。しかし、高音側のツイーターを指で塞ぐと、音に物足りなさが感じられるようになります。サンプルに使った曲が特殊なせい(ゴメンナサイ、私の作曲です)もありますが、高音の伸びも悪くないと私は思います。むしろ甲高いトランペットの音をしっかり出力してくれています。

前面ステレオスピーカーだったHTC J butterfly HTV31が左右のバランスを重視していたのに対して、HTC 10 HTV32では高音と低音のバランスを重視している設計なのではないかと私は考えますが、人によって好みの分かれるスピーカーであることには違いないですね。

自分の耳に合わせてプロファイルを作成、イヤホン毎に切り替えも

htv32_audioprofile

真ん中が簡易作成時の質問のひとつ。右側のスクリーンショットは詳細作成時のもの。

好みの分かれる設計となっているスピーカーに対して、イヤホン出力は「10点満点」の一言に尽きます。これまでの高品質なサウンドに加え、利用者に合わせたオーディオプロファイルを設定する機能が追加されました。これは左耳と右耳それぞれの低音・高音の聞こえ具合を調整します。実際に使用してみたところ、私の右耳は左耳と比べて僅かに低音が聴こえないことがわかりました。思わぬところで聴力検査をすることになり驚いています。

プロファイルは複数作成できるので、所有しているイヤホンに合わせてプロファイルを切り替えて音楽を楽しめます。

htv32_audioprofile2

Dolbyヘッドフォン効果はHTV31でも設定出来た項目。

ちなみにこのオーディオプロファイル、Dolby ヘッドフォン効果との併用が可能です。どちらか片方だけを適用、もしくは両方を有効にして音楽を楽しむ事ができます。双方のエンハンサーともmp3などの非可逆圧縮音源に対してのみ有効で、FlacやWavなどでのハイレゾ音源に対しては利用することが出来ません。これは私の知る限りではHTC J butterfly HTL23の頃からの仕様のようです。ハイレゾの音源については一切の味付けをしない、そのままの音を楽しんで欲しいということなのではないかと私は思っています。

ハイレゾ未経験でも安心、ハイレゾ対応イヤホン付属!

htv32_earphone

国内では初となるハイレゾ対応イヤホンを同梱。購入してすぐ、お手軽にハイレゾサウンドが楽しめます。Y字型の操作ボタン付きカナル型イヤホンとなっており、性能は13mmのダイナミックドライバー搭載、周波数特性は10Hz-40kHzです。尚、このイヤホンはカメリアレッドとカーボングレイには黒色が、トパーズゴールドには白色のイヤホンが付属するようになっています。

このイヤホンで試聴してみたところ、傾向としては低音寄りの音であると感じました。付属イヤホンとの比較対象がaudio-technicaのATH-IM50やSONYのMDR-CD900ST(こちらはヘッドホン)なので人によっては違った感想を持つことでしょうが、私はそのように感じました。

旧機種と比べて

イヤホン出力での音質比較では、恐らくHTC J butterfly HTV31と同等かそれ以上の品質ではないかと思われますが、音の聴き比べそのものが高度な領域に入ってきており、私の試聴環境や耳ではその差はわかりませんでした。少なくとも、HTL23とHTV31を比較したときほどの大きな変化はないように感じます。ちなみに、HTC純正の音楽アプリはGoogleとのUX最適化により削除され、Google Play ミュージックアプリのみプリインストールとなっています。

HTC J butterfly HTV31と違ってオーディオプロファイル設定を用いた詳細な調整が行える分、HTC 10 HTV32の方が自分の耳に合った音で音楽を楽しめるのではないでしょうか。

スピーカーの好みはあれど、いつも通り満足の行くサウンド品質

HTC J butterfly HTV31のときから大幅に品質が向上しているHTCのサウンド。その品質・満足度の高さは、昔から音にこだわりを持っていたHTCならでは。スピーカーに関しては賛否両論あるようですが、今回のカメラ同様にグッと良くなっていますので、購入された際にはスマートフォンらしからぬ気持ちの良いサウンドを楽しんでいただけることかと思います。