DSC00030

欧州版「Desire 626」の ”Android 6.0.1 with Sense 7.0” アップデートを試す

日本でも昨年、SIMフリーモデルが発売されたDesire 626。

このDesire 626という機種、日本版はSnapdragon 410搭載ですが、同じ名前でありながらMediaTek MT6752を搭載するモデルもあれば、Desire 626sという見た目は似ていてもSnapdragon 210の兄弟機種もあり…と市場によってまったく別物と言っても良いバリエーションの豊富な機種であったりします。

その中で、欧州版のDesire 626は日本版にかなり近いモデルなのですが、先日から英国の「EE」、「O2」向けモデルを皮切りに、Android 6.0.1へのメジャーアップデートが開始されました。

いずれ来るであろう日本版のアップデートも近い内容になると考えられ、日本版Desire 626ユーザーの参考にもなるかもしれませんので、今回は早速配信開始されたばかりのアップデートを適用して使ってみました。

アップデート内容

Screenshot_2016-07-29-12-54-43
Androidバージョン
5.1→6.0.1

Senseバージョン
7.0(変更なし)

ソフトウェアバージョン
2.10.111.2


今回はOTAで更新してみましたが、Snapdragon 410で1GB超の容量の更新ということもあってかそれなりに時間がかかります。
注意書きの60分書かるという記載は誇張ではないと感じたので、時間に余裕のある時に更新するのが吉です。

使用感

DSC00028
今回は比較用にAndroid 5.1のDesire 626(楽天モバイル版)も用意してみました。
結論としては、目に見える違いはじっくり見比べて分かる程度です。

Screenshot_20160729-143916
DSC00031
Senseのバージョンが変わっていないため、UIは基本的に同じ。

ステータスバーの時計のフォントが違っていたり、音量設定のポップアップやクイック設定パネルが変わっているなど探せば見た目の多少違うところはありますが、使い勝手が大きく変わることはなさそうですね。

DSC00032
動作に目立った変化はなく、念のためAntutuベンチマークの最新版でそれぞれ測ってみましたがUXの項目が上がっている以外はほぼ同等でした。

まとめ

DSC00030
元々スペックの割には快適に使えるDesire 626ですし、発売からある程度期間が経ちましたが、同クラスの機種で言えば同じSnapdragon 410を搭載する新機種がまだ登場してきているくらいですので十分通用するスペックと言えそうです。

メジャーアップデートとは言え派手な変更点はなく堅実な内容ですが、Android 6.0での権限管理の強化でより安全に使えるようにもなりますし、今後を見据えるならアプリの対応などを考えると新しいに越したことはないでしょう。

このアップデートでまだしばらくはおすすめできるミドルレンジの機種の一角であることができるのではないでしょうか。