eye_a32jp2

HTC e-Shop日本、「HTC Desire 626」、「HTC Desire EYE」が格安SIM「OCNモバイルONE」とセットで本体価格を割引

HTC e-shopを運営している兼松コミュニケーションズは、現在SIMロックフリースマートフォンとして販売を行っている「HTC Desire 626」と「HTC Desire EYE」を格安SIMとなる「OCNモバイルONE」とセット販売で本体価格を割り引くセールを開始した。

販売内容

HTC e-Shop OCNセット本体価格
製品名 割引後本体価格(税別)
Desire 626+DotView 19,800円
Desire EYE+DotView 46,200円

Desire 626 KCS

Desire 626 KCS

Desire EYE KCS

Desire EYE KCS

販売条件

条件としては、「OCNモバイルONE SIM」(音声)をセットで購入・契約することが提示されている。

また、端末販売価格についてHTC Desire EYEはOCNモバイルONE SIMの通信費用を4か月分端末代金から割り引き、SIM初期費用についても実質無料で上記の価格になるとのこと。

Desire 626についても、SIMと同時購入でSIM初期費用が実質無料となり、上記の価格となる。

どちらもDotView Caseが同梱となるため、これから購入を考えていた方にとってはちょうどいい格安スマートフォン入門セットにはなりそうだ。

OCNモバイルONEの音声対応SIMは、利用開始月を1か月として6か月の最低利用期間が有り、最低利用期間中に解約を行うと「8000円」の違約金が有る事に注意願いたい。

本体について

日本版パッケージ

日本版パッケージ

本体については、「Android 5.1 with Sense 7.0」を搭載しており、双方未だAndroid 6.0更新が2016年8月5日現在提供されていない。

しかし、今後提供されることは確約されているので、まだまだ利用が出来る安定したスマートフォンとなる事は間違いないだろう。

また、NTTドコモで利用する為にW-CDMA 800MHzとLTE Band19に対応調整されているモデルとなるので、海外モデルと比較してNTTドコモで利用する場合は日本版はアドバンテージがある。

Desire 626については、楽天モバイルも販売を行っているが、楽天モバイル版には無いブルーカラーが存在している事、楽天モバイル向けはアンインストールが可能なものの、キャリアアプリがとても沢山投入されている事がネックとなる。

楽天モバイル版のアプリ

楽天モバイル版のアプリ

しかしこちらのe-Shop販売モデルは、そういったアプリケーションは一切投入していないHTC直卸となっているので、よりHTC純正のSIMフリーを体験したいユーザーはこちらを選ぶべきと感じている。

ぜひ検討してみては如何だろうか。

a32_kcs_click

Desire 626 e-shop

eye_kcs_click

Desire EYE e-shop

欧州版「Desire 626」の ”Android 6.0.1 with Sense 7.0” アップデートを試す | HTC速報

どっちが買い?約3万円のSIMフリー機「Desire 626」「Zenfone 2 Laser」を徹底比較 | HTC速報

「HTC Desire EYE」&「HTC Desire 626」はどっちがオススメ?二台を徹底レビュー | HTC速報

HTC台湾、HTC Desire EYE (M910x)向けにAndroid 6.0.1 with Sense 7.0 (Marshmallow) へのメジャーアップデートの提供を開始 | HTC速報

日本向けSIMロックフリースマートフォン「HTC Desire EYE」を開封、HTCグローバル準拠の仕上がりに | HTC速報