161128-vive-deluxeaudiostrap-front-pers

VIVEPORT、お客様向け月額制料金サービスと アーケード/エンタープライズB2B向けアプリストアを開始 ― HTC NIPPONプレスリリース

VIVEPORT、お客様向け月額制料金サービスとアーケード/エンタープライズB2B向けアプリストアを開始

ラスベガス ネバダ州 2017年1月5日 – HTCのグローバルVRアプリストアであるViveportTMは2017年Consumer  Electronics  Show  (CES)  にてVRコンテンツに対して初めてアプリの月額制料金サービスを導入すると発表しました。この新しいサービスは急成長しているVRのアプリストアにてお客様にナビゲートの支援をすると同時にVRコンテンツ開発者に対しても新たなマネタイズの方法を提供します。

Viveportでの月額制料金サービス導入はVRコンテンツ・ライブラリがいかに急速に成長したかを物語っています。現在グローバル規模ではViveportに何千とコンテンツがあり、このサービスにより、日々増え続けているコンテンツがライブラリから探しやすくなるとともに月額制料金にてお楽しみいただくことができます。

コンテンツ・クリエーターは今まで通り単独タイトルとして配信することができますが、あらたな収益の方法としてこの月額制料金サービスへ製品を提供することも可能です。

「人気のある音楽や映画、テレビ、ゲームで人気のある月額制料金サービスと同じようにVRファンのお客様がコンテンツを見つけお楽しみいただけることを大変喜んでいます。」Viveport事業部の社長リカード・スタイナーはこう述べています。「VR開発者の方へマネタイズやコンテンツをアピールする手段をできるだけ多く提供したいと願っています。開発者の方にはより幅広いユーザーの方々に触れるきっかけとなり、Viveportの中で新しいお客様を獲得することにつながるでしょう。」

アーケード向けには昨年11月に発表したViveportアーケード・プラットフォームを推し進め、新たにデジタル店舗を開設しグローバルに業務用のVRコンテンツの配信を開始します。このアプリストアはアーケード、映画、アミューズメント・パークや地域ごとの娯楽施設にてお客様へのVR展開を希望されている方々を対象に設計されています。アーケードへのVRが急速に展開する中で、お客様のへ初めてのハイエンドVRのタッチポイントとなります。スタイバーはこう付け加えています。「私たちのViveport アーケード専用アプリストアは世界中の施設運営者の方々に使いやすいデジタル店舗となり、お客様へ呼び物となるVR体験を促進することができます。現在アーケード・プラットフォーム上には300以上のVRタイトルがあります。中国では短期間に運営者の方々にパートナーとなっていただき、その数は1000拠点以上にも及びます。グローバル的にはこの数が今年中に5000を超すと見込んでいます。」

Viveportのエンタープライズ専用アプリストアは異なる顧客層を目標としています。大きな産業分野の中にはヘルスケア、エンジニアリング、不動産や小売りなどの業界を先頭にVRを採用する企業が続々現れています。Viveportのエンタープライズ・アプリストアはエンタープライズのお客様だけでなく、VRの没入感を利用して、薬品、建築、設計、3Dモデリングや、ワークフォースのトレーニングのアプリやツールを作成する開発者へのサポートも行います。

Viveportの月額制料金サービスやアーケードプラットフォームにご興味のある開発者の方々はこちらをご覧ください。

https://developer.viveport.com.

こちらにサインアップいただくと、サービス開始時に無料にてご体験いただけます。

http://www.viveport.com.

サービスを体験アーケード運営者やアミューズメントセンターでViveportのVRコンテンツ地域ごとでの展開にご興味のある方々はこちらをご覧ください。

http://www.viveportvrarcade.com.

原文:https://www.vive.com/us/newsroom/2017/2017-01-04-2/