Vive トラッカー

HTC VIVE、VRエコシステム促進に向け新ハードウェア製品を発表 ― HTC NIPPONプレスリリース

HTC NIPPON株式会社

2017年1月5日

HTC VIVE、VRエコシステム促進に向け新ハードウェア製品を発表

~ 開発者、販売会社、VRユーザー向けに新しいコンテンツ体験と周辺機器開発ビジネスを拡大を目的に、Vive トラッカー、Viveデラックス・オーディオストラップを発表。 ~ 

ワイヤレスVRアダプターを2017年に市場投入も計画中

ラスベガス ネバダ州 2017年1月5日– 最先端ルームスケール仮想現実(VR)を誇るHTC VIVETMはプレミアムアクセサリ2機種Vive トラッカーとViveデラックス・オーディオストラップを発表しました。

Viveトラッカー    

tracker_3black16nov1 tracker_2black16nov1 tracker_1black16nov1

ViveトラッカーはVRの世界で今までとは異なる形状でのモーション・トラッキングを実現し、Viveのアクセサリエコシステムを築く上での基盤となります。 CESではVRアプリケーションの未来を予見するVive トラッカーを用いた実装例を8つ展示しました。特にこのViveトラッカーは、簡単な接続によって未来のVRアクセサリに数の制限なく接続する技術を実装しており、このひとつのアクセサリで何千という数の新たな体験を開発者やお客様へ提供します。

新しいVRアクセサリの開発を支援するためViveはまで最大1000台までのトラッカーをこの四半期に無償提供します。応募方法については別途ご案内予定です。

「長期的なVRの成長を育成するため、開発者が没入感の高いコントローラやアクセサリを試験する方法をもっと簡単にしたいと思っています」Vive事業部のUS及びEMEAジェネラルマネージャーのダニエル・オブライエンはこう語っています。「Viveトラッカーは第三者が提供するアクセサリのエコシステムが成長する過程での最初のステップです。この実現により私たちの仮想体験への関わり方が変わり、お客様やビジネスに対し、無制限の量のコンテンツ提供が可能になります」

トラッカーの重さは85g以下と軽く、大きさは99.65mm(直径) x 44.27mm(高さ)です。この製品は第2四半期に販売開始の予定で価格は後日、公表予定です。

「トラッカーを我々の消防シミュレータに組み込むのに4時間とかかりませんでした。」FLAIM trainerのクリエータであるオーストラリアのDeakin Universityのジェームズ・マリン博士はこう言っています。「トラッカーによって、トラッキングを実装するためのハードの材料費を削減できただけでなく、大事な開発期間も短縮できました。フル・モーション・コントロールを使った製品の市場投入が予想していたより早くできます。」

CESではViveトラッカーを利用したいろいろな実装例を展示しています。具体的には、最初のVRカメラ、VR射撃用の複数ライフル、VR触感手袋をはじめメジャーリーグの野球選手や、消防士のためのトレーニングアプリなどがあります。

Vive デラックス・オーディオストラップ  

161128-vive-deluxeaudiostrap-front-pers 161128-vive-deluxeaudiostrap-back-pers 161128-vive-deluxeaudiostrap-side 161128-vive-deluxeaudiostrap-solo-pers

Viveデラックス・オーディオストラップはヘッドストラップ部分にイヤフォンとサイズ調整のダイヤルを組み込み、ヘッドストラップの装着を簡素化します。またこの新しいヘッドストラップには3-in-1ケーブルをクリーンで快適に通すことが可能となっています。これにより快適で利便性の良い360度のVRオーディオを実現します。

「私たちはVive体験の基本的な部分を改善して快適さを追求してきました。」オブライエンはこう述べています。「デラックス・オーディオストラップはこの目的をさらに実現して、Viveユーザーのためシームレスなオーディオ・ソリューションをフィット感とともにお届けします。」

デラックス・オーディオ・ストラップは第2四半期に各販社に提供予定でVive.comのオンラインでも購入が可能です。価格は別途ご案内の予定です。

ワイヤレスとVR

さらにVive事業部は2017年中に商用のワイヤレスVRアダプターの市場投入を計画中とも発表しました。

「ワイヤレスとVRに対する私たちのアプローチは今までのViveに対するアプローチと同じものです。ワイヤレスの部分はオープンスタンダードであり、遅延のないワイヤレスVRを証明していただければ、どのような会社へも協力を惜しみません。」オブライエンは述べています。「ワイヤレスVRが2017年にViveのエコシステムに大きく貢献するでしょう。」

Vive事業部はまたVive XのアクセラレータプログラムでインキュベートされたTPCastも展示しました。

稼働時間が1時間半のバッテリで遅延を2msに抑えた製品も展示され。$249USDで第2四半期に販売開始の見込みです。稼働時間が5時間のバッテリに関しては別途案内される予定です。

TPCastのCEO マイケル・リューはこう述べています。

「Vive事業部と緊密に協業しVive Xプログラムを通し、ケーブルの制約のないアップグレードキットを提供できたことを大変喜んでいます。TPCastの技術を用いたワイヤレスVRが新しいレベルの可能性をもたらし、世界中のViveユーザに没入感が向上したVR体験を経験していただけるでしょう。」

詳細はこちらをご覧ください。

http://tpcast.cn/h_en/index.html

 

 

 

原文: https://www.vive.com/us/newsroom/2017/2017-01-04/