shv32_top

au AQUOS SERIE SHV32のAndroid 6.0メジャーアップデートが提供開始 ― ようやく製品として使えるように

auから2015年夏モデルとして販売され、現在では在庫が少なくなってきていると聞く「AQUOS SERIE SHV32」だが、2016年8月3日、Android 6.0へ更新が可能となる、メジャーアップデートが提供された。

SHV32は初回でAndroid 5.0 LollipopとFeelUIをフラットデザイン化した2015年初頭のスマートフォンで、ARM Cortex A57とARM Cortex A53、各4コアの合計クアッドコアの構成となる「Snapdragon 810」を搭載したスマートフォンとなる。

AQUOS SERIE SHV32の過去の印象について

shv32_top2

SHV32と言うよりかは、SHARPスマートフォン全体、従来からの慣例としてバッテリー残量に応じて動作制限を行うCPU制御が組まれている事により、バッテリーの持ちを調整しているのだが、2015年前半世代のS810搭載モデルは発熱等を勘案したからか、動作・UIレスポンスが有り得ない程悪くなってしまうような現象が起こっていた。

2014年度前半・後半となるAndroid 4.4+Snapdragon 801を搭載したモデルでも同様な内容は一応起こっていたものの、そこまで酷いものでは無く、前モデルよりは何方かと言うと改善していたモデルが多かっただけに、とてもガッカリした記憶がある。

その中でも極めて最悪な動作をしていた「AQUOS SERIE SHV32」だが、HTC J butterfly HTV31を見学しにauの発表会展示で各メーカーの販売前端末を触れた際、開発中途モデルだとしても、他メーカーと比べて極めて有り得ない動作をしていた事は今でも覚えている。

しかしやはり、「『販売前』であり『開発中途モデル』で有るが故に、このようになっているのだろう」と思っていた私は、SHV32の発売日をそれとなく楽しみにしていた。

しかし販売されてみるとどうだろう、若干改善はされていたものの、あの「極めて有り得ない」動作をそのまま引き継いで販売されているではないか。

同時期に販売が行われた「AQUOS Xx 404SH」も私は同時期に利用していたが、同世代モデルであるにも関わらず、SHV32ほど酷いとは感じなかった。

正直言って、Android 5.0へ更新が行われた前モデルの「AQUOS SERIE SHL25」の方が全体的なレスポンスは良かったように感じる。

Android 6.0更新

OS更新通知

OS更新通知

今回Android 6.0へ更新が開始されたとの事で、実際アップデートを行ってみた。

auのSHARPスマートフォンは、どのビルド番号からアップデートを行っても直接最新バージョンへ移行する。

更新時間は公称で約90分と記載が有るが、実際は3時間ほど私は掛かった。

アップデート手順については以下となる。

OSアップデート手順 | AQUOS SERIE SHV32

バッテリー残量は90%以上でないと更新を開始することは出来ない。

詳細な変更点は以下。

OSアップデート変更点 | AQUOS SERIE SHV32

更新後の感想としては、ようやく製品として問題ないものとなったように感じる(凄い快適とは言ってない)。

一部カクつく所はあるが、それはAndroid特有の動作であり根本の動作のレスポンスは極めて向上したように感じる。

Android 5.0 ロック画面

Android 5.0 ロック画面

Android 6.0 ロック画面

Android 6.0 ロック画面

Android 5.0 クイック設定

Android 5.0 クイック設定

Android 6.0 クイック設定

Android 6.0 クイック設定

思う事

AQUOS SERIE SHV34

AQUOS SERIE SHV34

SHARPのような、モデル販売ごと・更新提供ごとにソフトウェアの動作が向上するようなメーカーは、積極的に更新を行ってほしい限りだ。

Android 5.1が初期搭載となっていた、「AQUOS Xx2 502SH」など、ハイスピードIGZOなどのハードウェアスペックの向上もあるが、根本からソフトウェアの動作が良くなっている印象も受けていた。

更新にはやはりコストが掛かるし、キャリアも新機種の買控えの要因となってしまうと言う理由で難しいのは承知だが、全くノータッチでする気も無く、売りっぱなしな内容となるのだけは、高価な精密機器を買わせている・売っているのだから避けてほしいと感じる。(特にソフトバンクモバイル販売SHARP製品)

なお、『グローバルメーカー』であるHTCに於いてはグローバルベースで既にAndroid 6.0へ更新が行われているHTC J butterfly HTV31に行われていないどころか、Desire 626、Desire EYE向けにも提供がまだとなる。

これでは、「キャリアの意向で」と日本法人が言い訳をしてきたのが全く説得力がないものとなってしまっているのは認識しているのだろうか。

是非、各メーカーには何かしら更新内容についてアクションを行ってほしいものである。

Amazon