ヤマハ・プレスト YZF-R6 BN6 のタイヤ交換時期が迫っている話 ― 仙台市内で新品タイヤを組み替えてくれる所を探してみた

現在納車時点から履いてあったタイヤが悲鳴を上げている状況なので、そろそろタイヤ交換をしなければいけないなと考えている所です。

卍安全運転卍をしているので、中心だけリアタイヤは消しゴムのように消え去っており、ツルッツルです!

スリップサインは到達していますが一応まだ溝は在りますし、ワイヤーは見えてませんけどね。

YZF-R6の標準タイヤのお話

YSP仙台:配車1

YZF-R6 2017は各仕様地で色々と種類が存在するのですが、標準装着タイヤは各仕様地で専用と言った形ではなく、「YZF-R6 2017」に純正型番で2種類タイヤがラインナップされているようです。

その2種類が「BRIDGESTONE BATTLAX HYPERSPORT S21」と「DUNLOP SPORTMAX D214」となっているようで、私は後者のSPORTMAXが装着されて納車されました。

私は、この「2輪車用タイヤ「BATTLAX」がヤマハ「YZF-R6」に新車装着 | BRIDGESTONE」のプレスリリースを見てR6は全てS21が装着されている物だと思い割と楽しみでウッキウキだったのですが、まさかのSPORTMAX・・・・

このことをYSPの方に聞いた所「モデルでタイヤが2種類有るのは良くあること、ロットごとに履いているタイヤが違っており、卸されている側は意識してタイヤが選べる訳ではないので納車されるまでに完全に運かな」と聞いて既に手元に来ている私は少し悲しい気持ちになりました(;;)

SPORTMAX D214もS21と同等レベルと評価されて標準装着タイヤとして提供されているので悪いものでは全くないのですが、当時はS21は最新モデルのタイヤだったので悲しさ倍増です(;;)

DUNLOP SPORTMAX D214でYZF-R6を約8500キロ転がして

タイヤ状況

主にツーリング+ワインディング走行でしたが、乾燥路面やウェット路面を走行してて特に悪いなと感じたことは無かったですね。

タイヤを温めるなんて事を意識しないでも安定してグリップしていた印象を受けます。

パタパタ倒れやすいと言った他の方のインプレを見ると、確かにグリップはしつつもコーナーが楽しかったです。これはR6の楽しさ+タイヤなのか、タイヤのお陰なのかはまだ解らないところですね。

実はフロントタイヤはまだ行けそうです。なお、リアも気合を入れればまだ全然行けそうです、直近の高速道も利用したツーリングで中心だけ消しゴムになっているので雨が恐怖ですね。

次回のタイヤは?

納車日2

R6の標準タイヤサイズは次の通りです。

タイヤサイズ
フロント 120/70 ZR17
リア 180/55 ZR17

車体からホイール取り外しを行って組み直す事自体は自宅で可能なので、そこからタイヤ組み換え工賃やタイヤ処分料などを加味してトータル4万前半か、4万切ってくれると良いなと思ってました。

その中で候補としてはブリヂストンのS21、ミシュランの「Pilot Power RS」と「Pilot POWER3」で考えていた所、新品タイヤでブリヂストンの「BATTLAX HYPERSPORT S21」がセットで安価に買えたのでS21になりそうです。

タイヤは安く買えたので良いものの、各用品店が掲げている工賃は店舗でタイヤを購入した場合の金額が多いんですよね。

軽く店舗を回った/Web上で確認した形だと、仙台市内では以下の工賃で頼む事が出来そうです。

以下の工賃はホイール取り外しで持ち込み、タイヤ処分料、タイヤ組み換え工賃、バランス取りを含んでおり、税込みです。(2018年4月27日時点)

南海部品 仙台店
1本 3,024円~
ナップス(出典
1本 2,268円
2りんかん(出典
1本 2,376円
ライコランド 仙台泉店
1本 3498円
TIRE NAVI(出典
1本 2,916円
YSP仙台
1本 4,450円

まさかの2りんかんとナップスが安いんですね・・・。え、本当?ちょっと怪しいので近日直接聞いてみます。

でも出典のリンク先を見ると間違いないと思うのですが・・・。→聞いたので追記しました。にりんかんで頼みました、記事は後日

また、チェーン店と有名店、ヤマハ関係店を記載しましたが、正直個人店とかを含めるともっとやってくれるところが有りそうですよね。

私は上記のどれかにお願いする形となるかと思いますが、もっと探してみると良いかもしれませんね。

Amazon