ヤマハ(プレスト)YZF-R6 BN6 2017で立ちゴケをカマしました、その修復・誤魔化した内容 ~新車から愛車に~

日時が前後しますが、実はYZF-R6で既に立ちゴケをカマしています。

1600kmまでの慣らしすら終えていない段階でやってしまったので、もう既に一通り修復や誤魔化しは終わっています。

やったことを紹介する日記になります。

ステップを折る

右側に倒してしまったのですが、軽々とステップが折れました。

倒した時点ではステップのバンクセンサーも付いていたので、それを支点に折れてしまったような気がしないでもないです。

折れたステップ

YZF-R6の場合、BN6に限らず2C0や13Sについてもステップだけではなく根元の部分までを含めたASSYでのパーツ提供となっている事により、専用部品と言う事が影響しているのかとても高い状況になっているようです。

パーツ
部品名称 部品番号 価格(2017/09/14現在) 利用個数/車番要求有無
フロントフートレストアセンブリ(ライト) / 参考 BN6-27420-00 6,966円 1/有

恐らく何かを防ぐために態々ステップと根元のパーツの接続を封印し、ステップのみだけで交換出来なくしているのだろうと思うのですが、倒したらまた折る可能性が高いことを思うと、ステップだけで交換したいと思いました。

ステップの単体部品を確認するとYZF-R1 2CRや、以前のR1等に利用されているものと同等と言う事が解りましたので、根元の封印を飛ばし、ステップのみで交換できるように加工する事で節約する事が可能でした。

ステップパーツ

ステップ封印

封印を外した図

封印はサンダーで削ってピンを抜きました。

抜いた後はR1等と同様に固定するだけです。

修復後

パーツ
部品名称 部品番号 価格(2017/09/14現在) 利用個数/車番要求有無
フートレスト 1KB-27461-00 3,715円 1/無
ピン、クレビス 90240-08084 108円 1/無
ピン、コッタ 91402-25015 92円 1/無

カウル・外装に傷

カウルや外装に傷が入りました、こちらも交換ぐらいしか完璧に直す方法がないですが、この程度の傷で直していたらまた大きくやった時に悲しいことになるのでコンパウンドで何とかしました。

サイドカウル

サイドカウル、クランクケース

目立たなくした後はこんな感じです。

全体図

ぱっと見解りませんね。このぐらいならまだ大きく交換しなくても良いでしょう・・・。

最後に

一瞬で外装慣らしを済ませてしまい、新車から愛車に・・・。

上記しましたが、まだ1600kmすら行っていない頃にやってしまった後、その後4000㎞まで走行しているので、何となく危険なシチュエーションが解ってきました。

2度とは無いと思いたいですが、何が有るか解らないので今後も気を付けていきたいと思います。

次は防御のために装着したウインカーポジションユニットの装着を紹介しますね。

Amazon