HTC 10 HTV32開封

au「HTC 10 HTV32」のSIMロック解除済みモデルを入手、「NTTドコモ」を利用してみた ― ここまで快適にドコモが利用できるHTCスマホは初

先日auから販売が開始されたau HTC 10 HTV32だが、このスマートフォンはau・キャリア販売品にしては珍しく、NTTドコモで利用する場合でも電波のエリアをフルカバーしており、とても満足にフルエリアを利用することが可能な構成となっている。

今回はHTC 10 HTV32のSIMロック解除品を手に入れたので、NTTドコモで利用したレポートを記載したい。

HTC 10 HTV32をNTTドコモで利用する場合のエリア

Quick Charge™ 3.0に対応したモバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 Quick Charge 3.0」が販売開始 ― HTC 10 HTV32に利用価値あり

HTV32

まず、NTTドコモのサービス周波数とHTV32の対応周波数を整理したい。

NTTドコモサービス周波数
LTE / 4G 3G
主要サービス
  • B1
  • B3(東名阪)
  • B19
  • B21
  • B28
  • B42
  • 2100
  • 800
キャリアアグリゲーション
  • CA_1-3
  • CA_1-19
  • CA_1-21
  • CA_3-19
  • CA_19-21
  • CA_1-3-19
  • CA_1-19-21
HTC 10 HTV32 対応周波数
LTE / 4G 3G
対応周波数
  • B1
  • B3
  • B5
  • B7
  • B13
  • B17
  • B19
  • B21
  • B26
  • B38
  • B41
  • 2100
  • 1900
  • 800
キャリアアグリゲーション
  • CA_1-19
  • CA_1-21
  • CA_1-26
  • CA_3-19
  • CA_19-21
  • CA_1-19-21
  • CA_41-41
  • CA_1-41-41

赤色の部分がNTTドコモのサービス帯とHTV32の対応周波数が合致している部分だ。

この内容が合致していればしているほど、NTTドコモの販売モデルと同等のエリアであり、NTTドコモが自信をもって提供するエリアをスマートフォンで活用できていると言う内容が読み取れる。

また、ここで重要なのが世界で利用されておらず、ドコモ専用バンドと言っても過言ではない800MHz帯のLTE Band 19と1500MHz帯となるLTE Band 21に対応している事である。

NTTドコモとしては山間部をよく飛ぶ800MHzでカバーしている事により、この周波数帯が利用できないと田舎の奥地では全く繋がらないと言った事が起こってしまう。

また、1500MHz帯は混雑しやすい2100MHz帯のLTE Band 1から逃すために利用されている意味合いが強い周波数帯であり、これが利用できるスマートフォンはNTTドコモのスマートフォン以外ではほぼ存在しない。

HTCとしては800MHz帯のLTE Band 19に対応した製品を販売したのはNexus 9 LTE、Desire EYE、Desire 626の3機種のみであり、1500MHz帯対応モデルにおいては今回が初となる。

加えて、今回のモデルはこれらの周波数を束ねて高速な速度を安定して提供するキャリアアグリゲーションにもドコモの周波数帯で対応しており、HTCからドコモのスマートフォンが販売されたと言っても過言ではない構成となっているのがHTV32の現状となっている。

auはもちろんだが、NTTドコモでHTCを利用するには 海外モデルと比べても数倍差を付けたうってつけの製品のように思う。

NTTドコモのSIMカードを挿入

HTL23_sim_insert

SIMロック解除済みのHTV32にNTTドコモのSIMカードをを挿入した。

今回はNTTドコモのMNOSIMを利用。

設定>モバイルデータ>アクセスポイント名

よりAPNの設定をするとデータ通信が開始する。

NTTドコモ

NTTドコモ

NTTドコモ spmode

NTTドコモ spmode

NTTドコモ APN
APN spmode.ne.jp

それ以外は特に何か操作をする必要はない。

NTTドコモを掴んだ。

NTTドコモを掴んだ。

動作状況

山間部でもとてもよく繋がることを確認できたが、VoLTEについては利用できなかったので注意願いたい。

電話についてもFOMAプラスエリアに対応している為、幅広いエリアで利用することが可能だ。

また、SMS契約を行っていないNTTドコモ MVNO SIMだとアンテナピクトが表示されない事象は今回も健在だ。

SIMカード

ソフトバンクやワイモバイルについては触れなかったが、NTTドコモ同様にHTV32上で利用することも可能だ。

ただ、ソフトバンクが山間部のエリアカバーにて力を入れている900MHz LTE Band8がHTV32上で非対応な為、HTV32を選ぶよりはグローバルモデルを選んだほうが使い勝手がいいように感じる。

このモデルにおすすめのSIMカード
地域モデル名 おすすめのSIM
KDDI JP
  • mineo (ドコモ)
  • mineo (au)
  • IIJmio (ドコモ)
  • UQ mobile (au)
  • ワイモバイル
  • NTTドコモ
  • au

まとめ

au外で利用しているHTCファンはとてもSIMロック解除が楽しみとなるスマートフォンとなっている。

6か月経過後のSIMロック解除手続きについては、今までのHTV31と同様なため、こちらをご確認いただきたい。

au HTC J butterfly HTV31の公式SIMロック解除を試す | HTC速報

先行解除などその他の相談についてはこちらへ。

repair_service_banner
Amazon