b3uhl_simcard

au HTC J butterfly HTV31 のSIMロック解除個体にて他キャリアの各種SIMの動作検証 ― 使えはするが、エリアに難あり

auから販売され1年が経った3代目バタフライ、HTC J butterfly HTV31だが、以前この機種のSIMロック解除を行った件についての記事を掲載した。

au HTC J butterfly HTV31の公式SIMロック解除を試す | HTC速報

このSIMロック解除を行ったHTC J butterfly HTV31で、どのSIMカードがより快適に、安価に利用できるのか紹介したいと思う。

利用できるキャリア

まず、HTC J butterfly HTV31で利用できるキャリアをおさらいしよう。

HTC J butterfly HTV31 対応周波数
LTE / 4G 3G
対応周波数
  • B1
  • B3
  • B5
  • B17
  • B26
  • B28
  • B41
  • 2100
  • 1900
  • 850
キャリアアグリゲーション
  • CA_1-26
  • CA_41-41

上記の中で日本で利用されている物は次の通りで、キャリアを色で分ける。

 = au

 = NTTドコモ

 = SoftBank (Y!mobile含む)

HTV31対応、周波数・キャリア
バンド 周波数 利用キャリア
LTE Band 1 2100MHz
W-CDMA Band I 2100MHz
LTE Band 3 1800MHz (東名阪のみ)
LTE Band26 800MHz
LTE Band28 700MHz
LTE Band41 2500MHz

ドコモで利用する場合のエリア解説

HTV31にてNTTドコモ、NTTドコモ網を利用したMVNO SIM (格安SIM)で利用する場合は以下の事に注意していただきたい。

エリアが狭い

NTTドコモでは主にデータ通信を行うLTEで2100MHz帯(東名阪では1800MHz帯を加える)を利用し、通話では2100MHz帯のみでHTV31を利用することとなる。

地方都市レベルであればまだ問題はないが、ドコモが山間部で整備している800MHzにLTE / 3Gどちらも非対応なために地方の田舎や山間部などでは全く接続できないと言った状態が多く発生することとなるだろう。

HTV31ではプラチナバンドのさらに上位となる700MHzに対応しているため、NTTドコモでもっとエリア整備が行われれば接続率が良くなる可能性はあるが、現在では700MHzのエリアはあまり多くないために、まだ夢の話となる。

以下はNTTドコモでサービスを行っている周波数となるので参考頂きたい。(赤色はHTV31で利用できるもの。)

NTTドコモサービス周波数
LTE / 4G 3G
主要サービス
  • B1
  • B3(東名阪)
  • B19
  • B21
  • B28
  • B42
  • 2100
  • 800
キャリアアグリゲーション
  • CA_1-3
  • CA_1-19
  • CA_1-21
  • CA_3-19
  • CA_19-21
  • CA_1-3-19
  • CA_1-19-21

ソフトバンク ・ ワイモバイルで利用する場合のエリア解説

HTV31にてソフトバンク・ワイモバイルで利用する場合は以下の事に注意していただきたい。

エリアはあまり芳しくないが、ソフトバンクは許容範囲?

ソフトバンクでは主にデータ通信を行うLTEが2100MHz、1800MHz、2600MHzで活用が可能であり、通話は3Gの2100MHzのみでカバーすることとなる。

此方もNTTドコモ同様、ソフトバンクが山間部をカバーしている900MHzに非対応なため地方の田舎や山奥では全く繋がらないと言った事象が起こることは必至だ。

ただ、LTEのエリアカバーが充実しており2100MHzはもちろん、旧EMOBILEが整備を行った1800MHzは案外エリアが広く、色々な所で接続することが出来る。

また、2500MHzとなるAXGPにもHTV31は対応しており、更にキャリアアグリゲーションも可能だ。

こちらも700MHzに対応している事により、ソフトバンクがエリア整備を行ってくれればとても接続率が上がるスマートフォンとなる可能性はあるが、まだ夢の話。

以下はソフトバンク、ワイモバイルでサービスを行っている周波数。(赤色はHTV31で利用できるもの。)

SoftBankサービス周波数
LTE / 4G 3G
主要サービス
  • B1
  • B3
  • B8
  • B28
  • B41
  • 2100
  • 900
キャリアアグリゲーション
  • CA_1-3
  • CA_1-8
  • CA_1-3-8
  • CA_41-41

SIMカードを検証

APN設定手順

クイック設定から設定をタップ

クイック設定から設定をタップ

「モバイルデータ」をタップ

「モバイルデータ」をタップ

「アクセスポイント名」をタップ

「アクセスポイント名」をタップ

この画面よりAPN設定をする

この画面よりAPN設定をする

NTTドコモ標準SIM

まず、NTTドコモの標準SIMにて接続を行った。

SIMカードを差し込むだけでアンテナが立ち、通話・SMSが可能となった。

データ通信は

設定>モバイルデータ>アクセスポイント名

にAPNを入力すると、データ通信が開始する。

NTTドコモ APN
APN spmode.ne.jp

アンテナピクトが表示され、4G (LTE)の接続が確認できた。

また、SMS・通話もエリア内であれば可能。

VoLTEは利用できないので注意していただきたい。

NTTドコモ MVNO SIM (楽天モバイル)

次に、NTTドコモ網を利用した、MVNO SIM(格安SIM)である楽天モバイルにて接続を検証した。

NTTドコモ標準SIM同様、

設定>モバイルデータ>アクセスポイント名

にAPNを入力すると、データ通信が開始する。

楽天モバイル APN
APN rmobile.jp または rmobile.co
ユーザー名 rm
パスワード 0000

ただ、SMS契約を行っていない為、アンテナピクト(電波強度表示)が表示されない。

SMS契約を行うとこれは解消できる。

アンテナ強度表示は不可(データ通信は可能)

アンテナ強度表示は不可(データ通信は可能)

NTTドコモSIM同様、SMS契約や通話契約を行うとエリア内では可能だ。

SoftBankスマートフォンSIM

ソフトバンクのスマートフォンSIMは以前までAPNを抽出する方法でデータ通信の接続が出来ていたが、製造番号制限が施された為に利用することは不可能となった。

通話・SMSのみであれば可能である。

VoLTEの利用は不可能。

Y!mobile SIM

次はY!mobile SIMで検証を行う。

Y!mobileのエリアはSoftBankと同等なので、エリアは上記の通りに確認すると良いだろう。

SIMカードを差し込むだけでアンテナが立ち、通話・SMSが可能となった。

従来通り、

設定>モバイルデータ>アクセスポイント名

にAPNを入力すると、データ通信が開始する。

楽天モバイル APN
APN plus.acs.jp
ユーザー名 ym
パスワード ym

SMSや通話もエリア内であれば可能。

VoLTEは不可能だ。

ここまで見て

上記の内容を見ると、グローバルモデルのHTCスマートフォンと挙動は全く変わらないものとなる。

SIMロック解除後に利用するSIMカードは、やはりmineoやUQ mobileと言った動作確認がSIM提供会社にてすでに行われ、エリアはauであるもので利用するのが一番快適なのではないかと感じた。

HTV31で格安SIMに乗り換えようと思っている方、ぜひ参考にして失敗がないようにして頂きたいところである。

UQ mobile

利用キャリア
au

mineo (マイネオ)

利用キャリア
au
docomo

楽天モバイル

利用キャリア
docomo

IIJmio

利用キャリア
docomo

スマモバ

利用キャリア
docomo

ワイモバイル

利用キャリア
SoftBank
Amazon