オンスクリーンキー部分は塗装されていない。

「HTC 10 (HTV32等)」の豊富なサードパーティー製アクセサリーを紹介! ― ガラスフィルムを吟味

スマートフォンを購入する際、端末保護のためにケースや保護フィルムなどを購入される方は多いかと思います。今回は保護ケース及び保護ガラスを幾つか試すことが出来たのでご紹介させていただきます。

保護ケース

au +1 collection 「HTC 10 ハイブリッドカバー/クリア」

htv32_aucase0

まず紹介するのはau +1 collectionの「HTC 10 ハイブリッドカバー/クリア」。値段は税込み2,376円で、商品コードはR06J013Cです。

TPU素材とポリカーボネート素材で構成されており、ソフトとハードのハイブリット仕様。形状は標準的なスマートフォンケースとなっています。ケース自体はそれなりな厚みがあり、出っ張っているカメラ部分もしっかりとカバーできます。また、カメラとレーザーAFセンサー部をまとめて大きく切り抜いているので、布で手入れする際にケースが邪魔にならないのも良いですね。ストラップホール付きなのもGood。

普通だが安心感がある。

普通だが安心感がある。

ストラップホールあり。

ストラップホールあり。

やや厚めのケース。

やや厚めのケース。

クリアケースとしては少々高めな感じはありますが、不満感の少ない出来だと思います。

Nillkin 「Nature TPU CASE」

htv32_nillkin_case0

シンプルなTPUケース。カラーはグレー、ホワイト、茶色となっています。今回紹介するのはホワイトです。ホワイトと言ってもどれも透明色となっています。参考価格は2,000円ですが、Amazonで税込み899円で販売されています。

このケースの特徴としては背面にNillkinのロゴがあることや、USB端子部に蓋が付いていることでしょうか。台湾版HTC One M8に付属していたという純正のTPUケースもUSB部に蓋がついていましたが、利用しているうちに開きっぱなしになってしまう問題がありました。蓋付きなのは嬉しいのですが、耐久性が気がかりです。

ロゴ入り。

TPUなので柔らかい。ロゴ入り。

USB蓋付き。

Spigen 「HTC 10 ケース ネオハイブリッド」

htv32_spigen_case0

ポリカーボネートバンパーとソフトTPUの2重構造が特徴的なケース。米軍軍事規格であるMIL規格にクリアしています。カラーはガンメタル、サテン・シルバー、シャンパン・ゴールドの3色。Amazonであれば2,950~3,320円で購入できます。

ケースにはかなり厚みがあり、装着するとサイズ感がひとまわりほど大きく感じられるようになります。ボタンはクリック感のある独立した設計となっています。

バンパーを後から取り付ける形となっている。

バンパーを後から取り付ける形となっている。

重量感の感じられる質感。

重量感の感じられる質感。

保護ガラスには干渉しなかった。

保護ガラスには干渉しなかった。

このケースは後述する保護ガラスの干渉問題もなく、安心して利用できそうです。本体のサイズが大きくなってしまうことに抵抗感がなければ頑丈かつデザイン性も高いため、おすすめしやすい商品だと思います。

保護ガラス

G-Color 「強化ガラスフィルム(1枚)」

htv32_G-Color0

0.2mm厚、2.5Dラウンドエッジ加工、硬度9H、防指紋などとよくあるタイプの保護ガラスです。値段はAmazonで税込み999円。2枚入りは税込み1,199円です。

HTC 10 HTV32はディスプレイ部にラウンドガラスを採用しており、画面端から2~3mm程度は湾曲しています。そのため、「一般的な」保護ガラスでは画面サイズぴったりに製造するとその部分が浮いてしまうのです。ラウンドガラス採用の端末向けの保護ガラスや保護フィルムは、端が浮いてしまわないよう、平面になっている部分のみを保護するようにサイズを合わせて製造していることがほとんどです。

ラウンドガラスと保護ガラスとの関係。

ラウンドガラスと保護ガラスとの関係。

さて、この保護ガラスもそのような平面部のみカバーするタイプとなっていますが、実際貼り付けてみるとほんの僅かに左右が浮いてしまいました。これでも画面表示部分は微妙にカバーしきれていないため、これ以上小さくするわけにもいかないでしょう。

左右の浮き。画面をオフにしていると少し気になる感じ。

左右の浮き。画面をオフにしていると少し気になる感じ。

参考画像2。

参考画像2。

Amazonでの評価がやけに低いですが、殆どが上記の寸法不足に対しての不満でした。ラウンドガラス端末向けの保護ガラスについて理解のある方であれば、値段も安く、貼付け後の浮きも許容範囲内であると私は感じています。また、貼り付け補助のシールが付属しているので、ガラスの縁を手で持ったまま上手いこと貼り付けるといったことをせずに済みました。大きな補助シールという、たったそれだけの付属品ですがこの点は大きく評価したいです。尚、90日保証が付いているため、問題があれば連絡すべきであると私は思います。

WANLOK 「ガラスフィルム 2016 改善版」

htv32_wanlok_glass0

最近良く見かけるようになった、ディスプレイ部をフルカバーしているタイプの保護ガラスです。値段はAmazonで税込み1,680円ですが、記事執筆時点ではセール品で税込み1,380円にて販売されていました。画面表示部分より外の部分は、フレーム部分と同じ色が着色されており、全面カバー出来るのが売りです。0.3mm厚である他は先ほどの保護ガラスと似たような感じになっています。湾曲しているディスプレイ向けの保護ガラスは、このタイプが定番になりつつあるようです。

オンスクリーンキー部分は塗装されていない。

タッチキー部分は塗装されていない。

htv32_wanlok_glass2

近接センサー部やスピーカー、フロントカメラやホームボタン部分は繰り抜かれているので、誤作動の心配はありません。こちらの保護ガラスも万が一のことがあれば、メーカーに連絡すると90日保証で対応してくれるそうです。

貼り付けの際に注意したいことは、ぴったりサイズで製造されてるため、タッチキー部分の位置合わせが難しいです。貼り付ける際はタッチキーの消灯をしない設定にし、画面消灯をしないようにすると良いでしょう。設定は「ディスプレイ、ジェスチャ、ボタン」→「ナビゲーションボタンのバックライト」及び「画面消灯」から行えます。

また、利用する保護ケースによってはガラスと干渉して剥がれかけてしまいます。最初にご紹介したau純正のケースもディスプレイ側に少し被っているので厳しいかと思われます。下の写真はNillkinのケースでボタンを押したときのものです。

音量ボタンなどを押した時にケースが干渉してガラスが浮いてしまった。

音量ボタンなどを押した時にケースが干渉してガラスが浮いてしまった。

フルカバーされている点は評価できますが、フレーム部分の塗装が画面表示部分と少し干渉しています。特に斜めから画面を見た時にその影響は顕著で、ゲームなどの画面いっぱいに情報が表示されるアプリなどではUIが少し隠れてしまったりといった影響があります。

ゲームプレイ時に気になるか…?

斜めから見ると数mm隠れてしまう。ゲームプレイ時に気になるかもしれない。

もっと様々なアクセサリー

HTC 10で利用したいアクセサリーは決まりましたか?

是非奇麗なHTC 10を奇麗なままで持ち続けましょう!

Amazon