htv31_m60_top

HTC Nippon、「HTC J butterfly HTV31」向けに Android 6.0 with Sense 7.0 (Marshmallow) のメジャーアップデートを提供

2016年10月19日、auより販売されている「HTC J butterfly HTV31」(メーカー型番 0PL2100 / コードネーム B3#UHL)のAndroid 6.0アップデートが配信されました。同日10時以降順次アップデート通知が配信されています。

尚、アップデート操作は2回行う必要があります。2度目の更新はブートサウンドが鳴るので注意。アップデートサイズは約1.8GBとなるため、Wi-Fiの利用をおすすめします。

アップデート内容

  • OSアップグレード、Android 6.0.1 (Marshmallow)
  • Sense 7.0

システムソフトウェアバージョン:1.11.970.1→1.24.970.1→2.44.970.1

Androidセキュリティパッチレベルは2016年9月1日。

主な追加機能、変更内容

24項目のアップデート内容があります。 ※詳細はauサポートページ「OSアップデートにおける主な機能追加について[PDF]」を参照。

HTC独自の部分としては「フリースタイルレイアウト」の追加や、PINロックの改善、通知消去操作の利便性向上などが主な変更点です。その他には、通知周りをより詳細に設定できるようになったほか、アプリ権限の設定やDozeモードなどのAndroid 6.0での変更点が盛り込まれています。もちろん、Now on Tapも使えます。

これらの追加機能からはあまり目新しさを感じられないかもしれませんが、動作面も最適化が施されているのでアップデートする価値は大いにあると思います。もちろん、セキュリティ上の観点からもアップデートは強くおすすめいたします。

ちなみに非公式ではありますが、HTC 10に搭載されている新しいカメラアプリ(Android 6.0以上で動作可能)も動作することを確認しています。

htv31_m60_pin htv31_m60_panel

パフォーマンスの向上、Boost+も全機能が利用可能に。

機能の追加よりも、こちらの恩恵のが大きいかもしれません。Android 6.0への更新により動作の最適化が期待できるため、体感上のパフォーマンスは向上しています。アップデート直後は発熱によりサーマルスロットリングが効いているはずですので、しばらく時間を置いてから操作しましょう。

今回のアップデートのAndroidバージョンは「Android 6.0.1」です。その為、HTC純正のメモリ最適化アプリである「Boost+」において「ゲーム バッテリー ブースター」を利用することが可能になりました。ゲームに限らず、様々なアプリをFHD解像度へ落として実行することができます。Boost+の詳細は以下のとおり。

htv31_m60_boostplus

HTCのメモリ・ストレージ管理アプリ「Boost+」登場、セキュリティ強化機能も | HTC速報

これによりパフォーマンスの向上を図ることが可能なだけではなく、バッテリー消費も抑えられます。Android 6.0の機能であるDozeモードもスリープ時のバッテリー消費を抑える機能がありますので、以前よりもバッテリーライフが伸びると考えられます。

Android 7.0アップデートは対象外

HTV31へのAndroid 6.0配信前日である18日、auよりAndroid 7.0へのOSアップデート予定の製品について発表がありました。そこにはHTC J butterfly HTV31の文字はなく、HTCデバイスはHTC 10 HTV32のみがアップデート対象となっています。最近の国内向けHTCデバイスのアップデート配信状況などを考慮すると、十分に予想できた内容であるため驚くようなことではありませんが、やはり少々残念に思います。

HTV32がほぼグローバル向けの仕様であることもあり、当面の間HTV31は、ワンセグ・フルセグやおサイフケータイ等の、日本独自機能が利用できる最新のHTCデバイスとして活躍することになりそうです。

Source :

HTC J butterfly HTV31 OSアップデート情報 | 製品アップデート情報 | au

Android™ 7.0へのOSアップデート予定製品について | スマートフォン・携帯電話 | au